グレープアイビー(シッサス)の育て方や増やし方を知ろう!解説まとめ

スポンサーリンク

グレープアイビー

[別名]
シッサス、カンガルーアイビー

[科名]
ブドウ科

[原産地]
オーストラリア東部

[日当たり]
日なたと半日陰

[越し温度]
最低10°C以上

名前の由来や品種の特徴

葉の形がアイビー(ウコギ科)と似ていますが、ブドウの仲間です。シッサス属は世界に300種以上あり、つる性が主流ですが多肉種もあります。
グレープアイビーの別名があるロンビフォリア、葉に深い切れ込みが入るエレンダニカ、カンガルーアイビーの別名があるオーストラリア原産のアンタルクティカなどが出回ります。

自生地での様子

つる性の低木で、多くは巻きヒゲをを利用し、ほかの木によじ登るように広がっていきます。

栽培下での生長の様子

生育が旺盛で、盛んにつるを伸ばして生長します。あんどん仕立てにしたり、吊り鉢などに植えてしだれさせるとよいでしょう。

スポンサーリンク

育て方のポイント

[置き場所]
比較的耐陰性がありますが、明るい窓辺などにおいて日光に当てると徒長せずに育ちます。夏の直射日光は避けましょう。エレンダニカやロンビフォリアは比較的耐寒性があり、5°Cくらいでも越冬します。
葉に斑が入り裏面が紫色のディスカラー(セイシカズラ)は寒さに弱く、できれば15度°C以上で管理しましょう。

[水やり]
春と冬は土の表面が乾いてから、夏は土の表面がやや乾いてから与えます。水をやり過ぎると根腐れの原因になるので、特に冬に温度が低い場所で管理する場合はごく控えめにします。

[肥料]
春から夏にかけて薄い液肥を2週間に1回程度与えます。多肥を嫌うので、肥料は通常より少なめにしたほうが安心です。

[病害虫対策]
風通しが良くない場所では、カイガラムシやハダニが発生します。特に新芽や若い枝、弱光で軟弱に生長した株に付きやすいので気を付けましょう。

仕立て直しと増やし方

春から夏に、伸び過ぎた茎葉は好みの位置で切り詰めます。ボリュームが乏しくなった株は、枝の先端から2〜3節を摘心すると、脇枝を出してこんもりとした株姿に生長します。
長く育てると、株元の葉が落ちたり葉がしなびたようになります。思いきって短く刈り込んでから植え替えると、再び美しい株姿が楽しめます。

スポンサーリンク

How to care 1

根が弱り下葉が落ちたら植え替える

根詰まりを起こすと、水を与えても吸収できなくなります。葉が落ちたりまばらになるので、早めに植え替えましょう。


1、長く育てて根詰まりを起こした株は、葉が落ちてまばらになり、残った葉もしなびた印象で見栄えが悪いです。剪定して新しい用土で植え替えましょう。
※水切れを起こすと、先端から枯れ込んできます。残った葉も色が悪いです。


2、株元が込み入っているときは、弱った茎を根元から剪定して元気な茎だけを残します。


3、全体が鉢よりひと回り大きくなるくらいの位置で切り詰める。


4、鉢から株を抜き、根鉢を叩いて古土を落とし、傷んだ根を取り除きます。


5、ひと回り大きな吊り鉢の鉢底にゴロ土を入れ、用土を少量入れます。

6、株を中央にすえ、用土を入れる。


7、わりばしなどを挿して前後に揺すり、沈んだ部分の土を足して隙間をなくします。


8、たっぷりと水を与えて植え替え完成です。新しい根が伸びるまでは半日陰で管理しましょう。


9、約2ヶ月後、腋芽がたくさん増えてこんもりとした株姿になります。今後は込み入った部分の葉茎をすいたり、適宜切り戻しをしながら育てましょう。
新しい葉は、色も美しく、いきいきした印象です。

使用した道具・肥料について

植え替えに必須の道具や肥料はこちらのサイトから購入できます!
道具や肥料はもちろんですが、花鉢や観葉植物も専門で扱っていますのでオススメです。

ぜひご覧ください↓↓↓



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする