アロマティカスの育て方や増やし方を知ろう!解説まとめ

スポンサーリンク

アロマティカス

[別名]
キューバオレガノ

[科名]
シソ科

[原産地]
東アフリカからインドまでの熱帯地域全般

[日当たり]
ひなたを好みます

[冬越し温度]
最低5°C以上

名前の由来や品種の特徴

多肉質の葉は表面が白い軟毛で覆われ、ビロードのような風合いです。

葉をこすったりつぶすと、ミントに似た爽やかな香りがします。

料理やお菓子、紅茶などの風味付けやリキュールの材料など、ハーブとしても使われます。

海外ではアロマテラピーなどにも広く利用されています。

葉が大きく縁に白斑が入るアンボイニクス(アンボイ錦)は、さらに強い芳香があります。

自生地での様子

日当たりの良い場所に生育し、さかんに枝を出して大きな株張りに茂ります。

栽培下での生長の様子

生育が旺盛で、育てやすい種です。

株元から次々と新芽を出して分枝し、こんもりとボリュームアップします。

葉姿がコンパクトなので、小株に仕立てると愛らしい株姿が引き立ちます。

スポンサーリンク

育て方のポイント

[置き場所]
室内では日光が当たるところに置きましょう。

夏に屋外に出す場合は、徐々に慣らせば直射日光に当てても元気です。

ある程度耐陰性もありますが、弱光で育てると間延びし、葉色が悪くなります

冬は霜が当たらない環境で水を控えめにすれば、0°C近くの低温にも耐えます。

[水やり]

春から秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬はやや控えめに与えます。

多湿にも乾燥にも比較的耐えますが、水切れしない程度に少なめに与えた方が、間延びせずに育ちます。

[肥料]

春に元肥として緩効性肥料を与えます。

春から秋の生長期には、追肥として薄い液肥を2週間に1回程度与えます。

[病害虫対策]

風通しが悪いと、カイガラムシが葉の付け根や新芽に発生します。

新芽に、まれにアブラムシが付きます。

仕立て直しと増やし方

株が大きくなって葉の数が増えると株元に日光が差し込まず

蒸れて葉が黄変したり落ちることがあります。

伸び過ぎた株は切り戻し、込み入った部分の葉茎をすいて株姿を整えてから植え替えます。

スポンサーリンク

How to care 1

大きく育ち過ぎたら株分けする

生育が旺盛で、植え替えが遅れるとだらしない印象になります。

株分けをし、再びこんもりとした株姿に仕立て直しましょう。


、鉢(ポリポット)の大きさに対して生長し過ぎた株は

次第に下葉が落ちてだらしない印象になるので、剪定してから株分けをします。



、思い切って全体を短く刈り込みます


根鉢をハサミで半分に切り分け、古土を落とします。


3、四方から見てバランスよく育つよう、形を整えます。



4、以前と同じサイズの鉢の中央に株をすえ、植え付けます。

水切れしないようにし、新芽が伸び出すまでは半日陰で管理しましょう。

How to care 2

剪定した葉茎を利用して挿し芽で増やす

切った葉茎を利用して、挿し芽で増やすこともできます。

繁殖力が強く、初心者でも容易です。


1、茎を7〜8㎝に切り、下葉を2〜3枚取ります。


2、挿し床を湿らせ、はしなどで挿しあなをあけてから挿し穂を挿します。


3、発根までの期間が短いので、隣り合った株と葉が触れあっていても大丈夫です。

新芽が伸びたら1株ずつ植え替え、摘心して腋芽を伸ばすと、こんもりとした株姿になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする