仕立て方のコツ、いろいろな仕立て方の種類<トピアリーとエスパリエ>

スポンサーリンク

いろいろな仕立て方

庭木の仕立てには、樹形を生かしたものと人工的に仕立てたものがあります。

樹木が本来持っている性質や姿を保ちながら庭の環境にあわせて

野山に自生しているように、自然風に整枝・剪定するのが「自然樹形」です。

これに対して、花や緑、樹形などをより美しく楽しむために

刈り込んで自由に好きな形に仕立てるのが「人工樹形」です。

スタンダード仕立て、玉仕立て、円筒形や円錐形に仕立てる方法があり

好みの形を作るには刈り込みや整枝、剪定を繰り返して仕立てます。

下枝を落として上部を丸く刈り込むスタンダード仕立ては、最も簡単な仕立て物でコンテナでも育てられます。

洋風の庭や住宅にも合い、幹を編み込んだ三つ編み仕立てもできます。

仕立て方いろいろ

スタンダード ・円筒形 ・円錐形 ・玉仕立て

[スタンダード作りの楽しみ方]
スタンダード仕立ては360度どこからでも楽しめます。

毎年剪定して形作りますが、頂部を強く刈り込み横は軽く剪定するのがコツです。

[スタンダード仕立てに向く樹種]
・ゲッケイジュ ・サザンカ ・ツバキ 
・ベニカナメモチ ・イヌツゲ ・コニファー 
・ムクゲ ・ハイビスカス ・バラ 
・モミジ ・ベンジャミンゴムなど

[ハイビスカスの三つ編みスタンダード仕立て]

下枝を落とした3本の苗の根鉢を崩し根元を固定して、幹を折らないように三つ編みに編みこんでコンテナ植えます。

[ゴールドクレストのスタンダード仕立て]

下枝を落とし、直立した幹の先端の小枝を球形に刈り込んで仕立てます。

スポンサーリンク

枝垂れ性仕立ての楽しみ方


「枝垂れ」は、本来上に伸びる枝が伸長するに従い、重みに耐えられなくなって

自然に下に垂れる性質をもったもので、いわば自然樹形の一つです。

樹木のほかに、フクシアや球根ベゴニアなどの草本でも見られます。

[枝垂れ性仕立てに向く樹種]
・ゲウメ ・サクラ ・エゴ
 ・エンジュ ・モモ ・ヤナギ 
・シラカバ ・モミジなど

鉢植えの枝垂れウメの仕立て


、花が終わったら、外芽のすぐ下で枝を切ると

伸びた芽が外側に広がって美しい枝垂れの形になります。


、外側に飛び出す枝は紐をかけて誘引し、幹に固定する。

主枝が傘を広げたように形作るとよい。


3、剪定や誘引後の枝垂れ梅の夏の姿。

[枝垂れ性の枝の切り方]

普通の枝とは逆に幹側が内芽、反対側が外芽になるが

切るときは普通の枝と同様に外芽の先で切ります。

[剪定する箇所]

外側に向いている芽を伸ばすように剪定すると

波のように美しい弧を描いて枝が枝垂れます。


梅や桜、桃などには枝垂れ性の品種があるので、それらを仕立てるとよい。

トピアリーとエスパリエ

植物本来の姿にとらわれず動物や幾何学模様など、好きな形に刈り込んで仕立てたものを「トピアリー」といい

古代ローマ時代から庭の装飾にされてきました。

日本で親しまれている円柱形や円錐形の仕立て物もトピアリーの一種です。

トピアリーは強く刈り込んだり誘引して仕立てるので、刈り込みに強く、よく萌芽する樹種が使われます。

「エスパリエ」は樹木の仕立て方の一つで、ヨーロッパで発達しました。

主に果樹を壁面やフェンスに沿って立体的に仕立てていきます。

果樹は、実がつく枝を水平に誘引すると実つきが良くなる性質があるので

枝を横に誘引するエスパリエ仕立ては、理にかなった育て方といえるでしょう。

スポンサーリンク

トピアリーの楽しみ方

ワイヤーのフレームを利用したトピアリーは、コンテナでも簡単に仕立てられるので人気があります。

日当たりの良い場所において楽しみます。

フレームは市販のものでも、好みの形をワイヤーで手作りしても良いでしょう。

[トピアリー仕立てにむく樹種]
・ボックスウッド ・イヌツゲ 
・ゴールドクレストなどのコニファー
 ・イチイ ・キャラボク ・ヒイラギなど

市販のフレームを利用してトピアリーを作る


、フィカス・プミラの鉢植えにフレームをかぶせ、ワイヤーに沿ってつる状の茎を這わせる。


、つるが伸びるたびに誘引し、フレームを覆うように形作ります。

[イチイのトピアリー]

イチイは萌芽力が強く、思いのまま刈り込めるので複雑な形に仕立てることもできる。

[イヌツゲのトピアリー]

イヌツゲは生長は遅いが丈夫で刈り込みによく耐えるので、大型のトピアリー作りに向きます。

エスパリエの楽しみ方

すべての枝を平面的に仕立てるので、場所をとらず見た目にも美しく

小さな庭でも楽しめる利点があり、コンテナ植えもできます。

クジャクが羽を広げたような扇型の仕立てや、横枝を伸ばさず縦のラインを強調する仕立てもあります。

[エスパリエ仕立てに向く樹種]
・ゲリンゴやナシ ・イチジク 
・ブドウ ・サクランボ ・クリなど

リンゴのエスパリエ仕立て


、苗木を植え付け、地際から60㎝程度のところで最も充実した芽の上で主枝を切ります。


、1年後の冬に側枝を誘引する支柱やワイヤーを水平に張り、横に這わせる枝を選んで誘引します。


、2年目の春には、誘引した側枝に花が咲きます。


、伸びすぎた枝やこみ合った枝を切ります。

側枝を誘引する支柱は栽培する場所に合わせて数を決めます。


平面的に仕立てるので、奥行きのない場所でおしゃれな鉢植えが楽しめます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする