生け花の流派とは?主な流派の歴史と特徴を解説

スポンサーリンク

生け花の世界は、歴史ある流派がいくつかあり、いずれも伝統が受け継がれています。昔の人が立てていた生け花のやり方で、現代も同じように生けることができるのは、とても感動です。又、歴史ある流派から分派して、現代のスタイルに進化した生け花も、新しい発見があります。各流派の歴史と、特徴を一緒に解説致します。流派ごとにお花の立て方が違いますので、比較してみると面白いですし、好みの流派が見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

池坊

歴史は室町時代にさかのぼり、「池坊」は当時頂法寺内にあった、一僧房の名前に由来しています。開祖したのは、天台宗の頂法寺の僧である池坊専応です。

連歌師としても有名な人で、お花を立てることをこよなく愛し、新しい手法の生け花を生み出し、生け花の名手と言われていました。立花の基礎を築き、革新的な華道の技法で、専応の名が広まっていきました。

歴史ある流派のため、現代も池坊の家元は、頂法寺に僧籍を置く者のみです。池坊の生け花の世界は、最初に生み出された技法である立花と、生花、自由花へと発展しました。

池坊では、草木の命が作り出す姿を、美しさの根源として、「和」を生けることを基本とした華道です。虫食い葉・先枯れの葉・枯枝なども、自然の和の中から生まれた、植物の姿として生け花に取り入れられています。

古流

歴史は江戸中期で、創始者は今井一志軒宗普です。約250年の歴史があり、三代目の松盛斎理遊が発展させ、四代目の理恩が、古流を本格的に広めていきました。

地域としては、関東・北陸・防長・関西になります。発展させた人物の中でも、理恩は「天・地・人、三才の理念」の考えを基に、生花の体系を作りあげていきました。そして、古流の名が全国的に有名になっていきました。

明治維新の時代には、生け花が衰退していきましたが、この後に数名の弟子達が古流を継承し、古流系統の分派が100以上生まれました。19世紀になると、関西の古流から未生流が生まれ、関東の古流・関西の未生流と分布が分かれました。

生け花のスタイルは、生花・盛花・折入になります。

遠州流

発祥は文化文政の時代で、華道ですが租は茶人小堀遠州公です。「綺麗さび」の思想を基に、生け花を全国へと発展させていきました。遠州生花の技法は、公家及び武家社会に、幅広く愛され受け入れられていきました。

その後、大衆へと広く浸透していきます。特徴は、草花や花木を、美しい流麗な曲線美に作り変えて、お花を生ける華道技法です。

その中でも挿花(生花)は、仏教や神道思想、和歌の世界、陰陽五行の天地人の自然を、和室の中に表現することを重要としています。

生け花の技法である「くさび橈め」は、独特の技術による、草花を流れるように綺麗に曲げて、生けるのですが、現代ではこの技法が出来る人、継承する人の数が減っています。

幕末から明治にかけて、技法の斬新さから大ブームになりました。

スポンサーリンク

未生流

歴史は江戸後期文化年間で、流祖は未生斎一甫です。大阪の地域で、未生流を広めていきました。特徴は人の手で、更なる本質的な美を表現することを、考えの基にしています。

幾何学的理論の花形に、東洋哲学を融合させて、生け花として形づくりました。幾何学の形は、二等辺三角形・天円・東西南北を表している菱形・五行を表している天円地方台形・天地人を表している三角です。

幾何学の形を基に、自然と人間の調和を、草花で表現しています。緊張感のある美が、特徴になっています。二代目の広甫は作風が綺麗と評判になり、大覚寺の花務職になりました。

この後分派が進み、嵯峨御流はその一つです。現在は、100以上の分派があります。

未生流の新花は、八代家元・未生斎康甫が生み出した技法で、盛花と瓶花の2種類の生け方があります。

小原流

歴史は明治28年、池坊の門弟である小原雲心によって、創設された生け花です。明治43年に、大阪府立博物場で花会を行い、池坊から独立しました。

池坊の技法の一つである盛花に、各流派も抵抗がある洋花を、取り入れたことで大衆化に成功し、広めた功績を残しています。

雲心の生け花は、明治初期から洋風化した日本の生活になじみ、急速に浸透していきました。

大正5年の頃には、正式に小原流と名乗るようになりました。二代目になる長男の光雲は、男性社会の花教授の職を、女性にも開放して、生け花の近代化に貢献しました。三代目の豊雲は、活躍の場を海外へと広げていきました。

特徴としては、現代ではよく目にする、水盤と剣山を使用した生け花で、面を強調してお花を生けます。

その他には、花瓶を使用している「投げ入れ花」、現代の生活空間に合う「花意匠」、限られた空間の中で生ける「花奏」、その他にも現代に合う生け方の技法があります。

スポンサーリンク

草月流

1927年に初代家元である、勅使河原蒼風によって、創設されました。自由で型にはまらない作風が特徴で、和風にもこだわっていません。

植物の輪郭と空間を、対比させることが多く、舞台美術や、ショーウィンドウを飾るディスプレイデザインなど、公共空間やイベント展開における、ダイナミックな生け花が、特徴となっています。

お花を「生ける」という言葉を、草月流では「造形る」とか、「変化る」と表現し、造形美術としての生け花を展開しています。

作風は全く限定されておらず、自由に生けてよく、そのため草花以外にも、紙や合成樹脂、金属、竹など他の素材を組み合わせ、オブジェのような作品を作り上げています。草花を全く使わない場合もあり、植物に色を付けて演出することもあります。

植物の傾きが、どのような線と面、空間のバランスを取るのか、構図を学んで花を生けていくことが、基本になっています。

嵯峨御流

歴史は深く、平安の初めの時代になります。嵯峨天皇が大覚寺の大沢池で、菊を手折り殿上の花瓶に挿し、「後世花を生くるものは、宜しく之を以って範とすべし」と言ったことが、嵯峨御流のルーツです。

技法としては、「伝承花」と「心粧華」の、2種類になります。「伝承花」はさらに4種類、生花・盛花・瓶花・荘厳華があります。

「心粧華」は、折り花・才の花・想い花の3種類あります。生花は直角二等辺三角形に、天・地・人の三枝を表現しています。

盛花は、自然の景観と色彩効果を表現し、瓶花は、草花を自由に生けることができます。荘厳華は、神事・仏事・婚礼・宴席などの、特別な場で飾る生け花です。

折り花は、荘厳華を発展させた生け花で、草花が発芽し天空に向かって成長していく姿を、表現して立てます。才の花は、生花を発展させて、気・流れ・風を表現。想い花は、盛花、瓶花を発展させて、簡潔に生けます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする