ハイドロカルチャーまとめ!ハイドロカルチャーとは?植え替えや水やり方法を知ろう!

スポンサーリンク

土を使う必要がなく、室内で手軽に観葉植物を育てられるハイドロカルチャーが人気を博しています。

見た目もオシャレで可愛く、今始めるならオススメの栽培方法です。

今回は、ハイドロカルチャーをわかりやすく解説! 

植え替え方法や水やりの仕方など、ハイドロカルチャーの基本をお伝えします。

ハイドロカルチャーとは?

まずはハイドロカルチャーについて、お話をしたいと思います。

植物に興味を持っている人であれば、ハイドロカルチャーという栽培方法を耳にしたことがあるとは思いますが

具体的にどのような栽培方法なのかイマイチ理解していないという人もいると思います。

ハイドロカルチャーは、簡単に言えば土を使わずに植物を育てる栽培方法のことです。

土を使わない植物の栽培と言うと、水栽培や水耕栽培を思い浮かべる人もいるでしょう。

ハイドロカルチャーも直訳すれば水栽培なのですが、一般的な水栽培と水耕栽培とは違います

水栽培は、水だけで植物を栽培する方法。

水耕栽培は、水に肥料を混ぜて植物を育てる方法。

どちらも土は必要ありません。

土を必要としないという点は、ハイドロカルチャーも水栽培や水耕栽培と同様です。

ただ、ハイドロカルチャーは土の代わりになる土壌を必要とします

例えば、ハイドロボール(ハイドロコーン)と呼ばれる小石。

これはハイドロカルチャーでは一般的なモノです。

また、カラーサンドやネオコールなど最近ではハイドロコーン以外のモノが使用されることも多くなってきています。

これらのモノに植物の栄養源となる成分は含まれていないので、別途肥料を用意する必要があります。

肥料を混ぜたハイドロボールの下に根腐れ防止剤を敷くことで、ハイドロカルチャーの土壌は完成します。

スポンサーリンク

植え替え方法と始め方をわかりやすく解説

ハイドロカルチャーについて簡単に知ったところで、次はハイドロカルチャーの植え替え方法をお伝えしたいと思います。

植え替え前に準備しておくこと

植え替えを始める前に、事前に準備しておくとスムーズに作業ができるポイントを紹介。

ハイドロカルチャーを始めるなら、忘れずにハイドロボールも購入すると思います。

ハイドロボールを買ってきたら使用する前に水洗いを行い、汚れをしっかりと取り除きましょう

その後、触っても湿り気を感じないくらいまで乾燥させておきます。

そうすることで、ハイドロボールを使用したとき容器内の水汚れを防ぐことができるのです。

水がきれいな方が見栄えが良いですよね。

インテリアとして活用したいのであれば、必ず行っておきましょう。

具体的な植え替え手順

まずはハイドロカルチャーを行う、容器を準備します。

容器は基本的に何でもいいのですが、せっかくオシャレに可愛く観葉植物を育てることができるのですから、容器もこだわりたいですよね。

ハイドロカルチャーは土が必要ないという大きなメリットがあるので、透明の容器を用いるのが定番となっています。

次に容器の底に根腐れ防止剤を入れましょう。

ミリオンAやゼオライトなどがオススメです。

用意した根腐れ防止剤を、容器の底に薄く敷くイメージで入れてください。

具体的な分量としては、底が隠れる程度敷けば問題ありません。

根腐れ防止剤を敷いたら、ハイドロボールを入れていきます。

とは言っても、容器いっぱいにハイドロボールを入れてしまうと、肝心の観葉植物を入れることができません。

最初は容器の4分の1ほどにしておきましょう。

このタイミングで一旦、観葉植物を入れてみます。

できるだけ観葉植物が映える向きや位置になるように、ハイドロボールの量を調節しましょう。

また、植物の根っこが容器の側面などにあたっていないかも確認します。

このとき植物の根っこが容器に当たっていると、根腐れの原因となることもあるので、しっかりとチェックしてください。

観葉植物をベストな位置に調節できたら、周りにハイドロボールを敷き詰めて

植物のグラつきを抑制します。

しっかりと敷き詰めておかないと、少しずつ傾いてしまうことも。

最後に水と液体肥料を適切な配分で混ぜ合わせたモノを、容器の4分の1~5分の1程度まで注ぎます。

これでハイドロカルチャーの植え替えは完了です。

その後の植え替えについて

ハイドロカルチャーは土で育てるよりも手間がかかりません。

それでも植物は生き物なので、定期的な植え替えは必須となります。

植え替えの頻度は半年~1年に1回。

植え替えを行わなければいけない理由は、ハイドロボールと根腐れ防止剤を交換しなければならないからです。

ハイドロボールに関しては、元々使用していたモノを再利用しても構いません。

その場合はしっかりと水洗いを行い、湿り気がなくなるまで乾燥させてください。

根腐れ防止剤は新しいモノに取り換えた方が良いと思います。

植え替えの際は、容器内に入っているモノを全て取り出さなければなりません。

このときに植物の根っこが汚れていたり、腐っていたりすることがあります。

その場合はハサミでカットしてしまいましょう。

そうすることで、根腐れの進行を食い止めることができます。

そこまで行ったら、上記でお伝えした植え替え方法をもう一度行ってください。

水やりの仕方はどうする?

ハイドロカルチャーの水やりは、毎日行う必要はありません。

むしろ、水を与えすぎると根腐れの原因になってしまいます。

水やりの分量は、ハイドロボールの高さの4分の1~5分の1ほどです。

適切なタイミングとしては、容器内の水がなくなってから2~3日後。

やってしまいがちなミスが、水が少なくなってきたから補充してしまうこと。

根っこが水に浸かっている状態が続くと、カビが発生する原因となります。

必ず容器の水がなくなってから、水やりを行ってください。

最後に

以上が、ハイドロカルチャーの植え替え方法と水やりの仕方です。

これを抑えておけば、あなたもハイドロカルチャーを始めることができます。

ただし、植物も生き物なので責任を持って育ててください。

放置するなんてもってのほか、愛情を持って植物と接し合いましょうね。

あとハイドロカルチャーは向いてる植物、向かない植物がありますのでこちらの記事も合わせてご覧くださいませ。

土ではなくハイドロコーンという土壌を使って植物を栽培する方法、ハイドロカルチャー。 基本的にはどんな植物も栽培できると言われて...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする