片岡礼子って誰?プロフから分かる過去の出演作品と今後の活動は?

スポンサーリンク

皆さんはカクトエンタテインメントに所属する片岡礼子さんをご存知でしょうか。

芸能界デビュー当時はモデルとして活動していましたが、女優に転向してからは日本映画史上初のヘアヌードを披露するなど数多くの偉業を残しています。

また、当時の片岡礼子さんを知っている方であれば彼女の壮絶な女優人生を思い出せるのではないでしょうか。

今回は日本映画史に残る名女優片岡礼子さんについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

片岡礼子さんのプロフィール


片岡礼子さんは1971年12月20日に愛媛県で生まれました。

小さい頃に映画で観たジャッキー・チェンに憧れを抱き、早くから将来の夢を女優に定めていました。

1991年、当時明星大学理工学部に籍を置いていた片岡さんは、その美しさから民社党のキャンペーンキャラクターに抜擢されました。その後街で声を掛けられたことでモデル活動を開始し、『週刊朝日』の表紙も飾りました。

元々女優を目指していた片岡さんですが両親からは強く反対されており、「大学には進学しなさい。大学在学中にチャンスを掴めなければそのまま就職しなさい」と言われていたそうです。

だからこそ民社党のキャンペーンキャラクターに選ばれた事は彼女にとってこの上なく嬉しくまたとないチャンスだったのです。

その後は芸能活動に本腰を入れ1993年に映画『二十才の微熱』のオーディションに合格し女優デビューを果たしました。片岡さんにとっては正に夢を掴んだ瞬間と言えると思います。

女優になる夢が叶った片岡さんはその力を認められ以降も数多くの映画やドラマに出演しています。プライベートでも、一般男性と恋に落ち順調に結婚・妊娠し旦那と子供に囲まれて幸せな生活を送っていました。

しかし順風満帆に思えた片岡さんの人生に悲劇が舞い降ります。

2002年、出演予定だった舞台の稽古中。いつものように稽古に励んでいた片岡さんは突然その場に倒れ込み意識を失ってしまいました。すぐに病院に運ばれて検査を受けると「脳出血」であることが判明しました。当時は既に人気女優だった為に片岡さんが倒れたニュースは瞬く間に広がっていきました。

今にして思うと、長男が生まれ育児に時間を取られながらも人気の分だけ仕事は押し寄せてくる。片岡さんの性格上どちらも妥協を許さず頑張ったのだと思います。その結果が脳出血として表れてしまったのかと考えられます。

しかし自分の身を襲った悲劇にも負けず辛い手術に耐えきった片岡さん。決まっていた舞台を降板してしまった事に対する自責の念や人気絶頂の中で女優活動を休止してしまった焦りのようなものがあったそうです。

それを見た旦那さんが「休養を取ろう」と提案をし、ご主人の実家がある四国へと引っ越しました。妻である片岡さんの身を第一にと考え、旦那さんは東京で勤めていた仕事まで辞めてしまったというのだから感動的な話ですよね。

それから2年後、知り合いのプロデューサーから映画への出演依頼をきっかけに東京に戻り再び女優としての活動を再開し、現在に至るまで健康的に活躍なされています。

スポンサーリンク

片岡礼子さんの主な出演作品は?


片岡礼子さんの代表的作品と言えば1994年の映画『愛の新世界』ではないでしょうか。女優活動2年目でありながら日本映画史上初となるヘアヌードを披露しました。現在では割と普通の光景になりつつありますが、当時は片岡さんの体を張る覚悟に称賛の声と高い注目が集まり大変な話題となりました。

『愛の新世界』で一躍有名になった片岡さんは、翌年に映画『KAMIKAZE TAXI』で第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。1997年に出演した映画『鬼火』では第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞を受賞。2001年の映画『ハッシュ!』でキネマ旬報賞と第24回ブルーリボン主演女優賞を受賞。

ご覧のように数多くの賞を受賞されていることから、その演技力と人気の高さがうかがえますね。

また、賞などには選ばれていませんが2004年の映画『帰郷』は闘病生活後の片岡さん復帰作として当時高い注目度を誇っていました。

片岡礼子さんの今現在と今後の活動は?


現在片岡礼子さんは3人の子供に恵まれ、長男は既に成人しているそうです。離婚などの話も聞きませんので旦那さんとも問題なく幸せな生活を送っているのだと思います。

今後の活動についてですが、調べてみたところ現在片岡さんの出演が予定されている作品を見つけることは出来ませんでした。TwitterやInstagramも確認はしてみましたが、来年以降の予定は発表されていないようです。

しかし2018年だけでも『ミスミソウ』をはじめとする3本の映画と『シグナル』を含む3本のドラマに出演なされています。今となっては映画ドラマ業界にとって欠かせない人物となっていますので、来年も変わらぬ活躍を見せてくれると思います。

出演されるドラマや映画の公開前にはTwitterなどでお知らせしてくれていますのでたまにチェックしてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ


さて、ここまで病気に打ち勝ち復活した名女優片岡礼子さんについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。幸せ一杯の中で訪れた悲劇に負けなかった片岡さんの姿は、ファンの気持ちをより強固なものにする出来事でした。

また、こうして振り返ると大学在学中に民社党のキャンペーンキャラクターに選ばれたことが全ての始まりだと強く認識しなおす事が出来ました。そのきっかけがなければ現在の片岡礼子さんの人生は大きく違った物になっていたかもしれません。

もちろん当時の片岡さんも相当な努力をなされていたと思いますが、それと同時に強い運も持たれていたのでしょうね。

片岡さんの息子さんは既に成人なされているという事ですが、演技の世界には興味を持たれていないのでしょうか?小さい頃から片岡さんの演技を見ていたのであれば演技のコツなんてものも知っているかもしれませんね。

3人の子供の内一人でも芸能界デビューするようなことがあればその内片岡さんと揃って親子共演があり得るかもしれませんね。

ともかくこうして元気なお姿の片岡さんが見れるのはとても嬉しい事です。今後も健康に気を付けて日本の映画業界を盛り上げてほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする