今井悠貴の子役時代がかわいい!プロフから分かる子役時代と現在は?

スポンサーリンク

皆さん、今井悠貴さんという俳優さんをご存知でしょうか?

今「知らないなぁ」と思った方、本当でしょうか?現在の彼を知らないという方はもしかしたら多いのかもしれませんが、子役時代の写真を見てみたら思い出す人もいると思います。

人によっては『はだしのゲン』かもしれませんし、人によっては大人気ドラマの『ガリレオ』かもしれません。『ごくせん』や『コードブルー』にも出演されていました。

多くのヒットドラマの中で時には脇を固め、時には中核を担ってきた今井悠貴さん。今回は彼の子役時代の出演作品と、現在までにどのような成長を見せているのかを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

今井悠貴さんのプロフィール


今井悠貴さんは1998年12月30日生まれ、島根県出雲市の出身です。

初めて立った舞台は2001年の時ですので、なんと3歳の頃から演技の世界に身を置いているのですね。まだ19歳で若いようにも感じますが、芸歴で言うと既に16年のベテランと言えるかもしれません。

小さい頃から望んで演技の世界に入っていったという今井さんですが、その一方で学生としても真面目で優秀だったようです。実際に本人が公開されているわけではありませんが、明治学院高校を卒業して現在は明治学院大学に進学されていると言われています。

もちろん学部にもよるとは思いますが、偏差値60程度を求められる明治学院高校・大学に通いながら一人の俳優として活躍し続けているとは驚きですよね。そういった頭の良さが彼の巧みな演技を生み出しているのかもしれませんね。

今井悠貴さんの子役時代の出演作品は?

さて、簡単に今井祐樹さんのプロフィールに触れましたが、彼を語るにあたって細かいプロフィールなどはあまり必要ないように思います。

もちろんそういった所から分かる情報もあるとは思いますが、今井祐樹さんと言えば子役時代の大活躍です。という事でザっと出演作品を並べてみたいと思います。

まずはドラマから

・2003年『元カレ』

・2005年『ごくせん』

・2007年スペシャルドラマ『はだしのゲン』

・2010年『ハガネの女』

・2010年『医龍3』

・2014年『軍師官兵衛』

そして映画

・2005年『孕みーHARAMIー白い恐怖』

・2011年『白夜行』

・2011年『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』

と、これだけでも「こんな有名作品に出てたのか」「これ見た事ある」と言った作品が見つかるのではないでしょうか?

もちろんここで紹介したのは今井さんが出演した作品の中でもほんの一部に過ぎません。特に演技力の評価などが高かった作品を個人的にピックアップさせて貰っただけで、細かい出演などを合わせるととても数えきれる量ではありませんでした。

さて、この中でも特に触れておきたいのが2007年のスペシャルドラマ『はだしのゲン』ですね。この作品では主人公の弟にあたる中岡進次、それのそっくりさんである近藤隆太の役を演じていました。

当時からの高い演技力はもちろんのことですが、作中で見せる屈託のない笑顔のあまりの可愛さにやられてしまったという視聴者の方は多いと思います。

はだしのゲンは原作も有名なのでドラマへの注目度も元々高かったのですが、一番話題に上がっていたのは今井さんについてだったように思います。実際私自身も特に印象に残っているのは今井さんの笑顔でした。

そして2010年のドラマ『医龍』ですね。この作品では心臓移植を受ける少年・真鍋徹の役を演じました。

手術に挑む子供の緊張や覚悟、その中でも気持ちを強く保とうとする男の子らしさ。そういったものがヒシヒシと伝わってきて、途中ドラマというよりノンフィクションのドキュメンタリーを見ているような気持になったのを覚えています。

スポンサーリンク

今井悠貴の今現在と今後の活動は?


正直に言いますとどこまでを子役時代と定義づけるかで少し悩みましたが、2015年の一年間だけ今井さんが映画ドラマへの出演を休止している期間があったのでその前後で分けようと思いました。

長い期間演技の世界で生きているだけあって、現在の今井さんの演技力は大人も顔負けの物になっています。しかし、子役時代の彼があまりにも有名であまりにも印象的であったために現在はあまり注目度が高くないように感じます。

私は、2017年に放送されたドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』を見て、「この坂本」を演じているのは誰だろう」と思い、検索したことで子役時代の今井さんと繋がりました。

CRISISでは、子役時代の可愛らしく純粋な少年を演じていた今井さんのイメージを完全に断ち切り、ずる賢く裏表の激しい役を演じていました。あまりのギャップに驚きましたが、小さい頃から多くの作品に出演している今井さんだからこそ出来る事なのかもしれません。

それから『西鉄バスジャック事件』の犯人役なんかも話題になりましたよね。最近は本当に色んな役を与えられるようになったんだな、となぜか親の目線のような気持ちが生まれてきます。

今後の出演予定の作品などはまだ公表されていないようなのですが、演技の幅もどんどん広がっているようですので来年以降もたくさんの作品で今井さんを見る事が出来るのではないでしょうか。楽しみです。

余談ではありますが、どうやら今井さんは現在恋人がいらっしゃるようです。公式に発表されているわけではないのですが、東京で今井さんらしき人物が女性と手を繋いで歩いている姿を見たという話をTwitterでいくつか見かけました。

真偽の程は分かりませんが、今井さんなら身近の女性が放っておきませんよね。

まとめ


当初は現在の今井さんについて多くの方に紹介しようという気持ちで文を書いていたのですが、書きながらなんだか懐かしい気持ちで一杯になってしまいました。

学業と演技を両立して努力を続けている今井悠貴さん。今後彼がどれだけの成長を見せてどのような活躍をしていくのか想像出来ませんが、世間からも業界関係者からも高い期待を持たれているのは確かだと思います。

今後もお茶の間に彼の純粋な可愛らしさと、ギャップのある怖い演技を届けてくれるのを楽しみに待っています。

皆さんも是非今井悠貴さんの出演する作品を調べてチェックしてみてください。それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする