せどりで稼げる人と稼げない人の違いとは?稼げてない方は「アレ」守れてますか?

スポンサーリンク

どうもゆうです。

「安く買って高く売る」これがせどりです。

これだけ聞けば誰でも簡単にできそうな気はしますが、人によって売り上げに大きく差が出ているのが現実です。

せどりを失敗する人と成功する人は何が違うのでしょうか?

ここでは稼げる人と稼げない人の違いを解説いたします。

記事の内容も重要ですが、動画でもっと大切な事をお伝えしてます。

こちらも合わせてご覧ください。



稼げる人と稼げない人の違い

まず最初に伝えておきたいことは、これだけ気を付ければ必ず成功するというものはありません

しかし多くの要因がある中、絶対的な共通点はあります。

それは「商品のリサーチ数の違い」です。

当然ですが、ただ闇雲に仕入れて売ってもうまくはいきません

利益の出る商品を見つけて利益へ繋げるためにはリサーチが必須です。

このリサーチとは、簡単に言えば「検索」して、「調べる」ということです。

そもそもせどりに限らず、ビジネス全般においてリサーチは基本でありながら最も重要な事だと思います。

これがしっかり出来ないと、「何をやっても失敗する」と言っても過言ではありません。

例えば、飲食店を開く場合も、店舗探しのリサーチ、開く地域の客層、人口数を調べるところから始まります。

見込みのない地域で開店しても、そこから客数を増やしたりそれを利益に繋げるといっても難しい事は想像できるかと思います。

せどりで成功している人は、ノウハウや知識があるというのももちろんあります。

しかし、どんなに優秀な経験者でもリサーチ数が少なければ、儲かる商品に出会える可能性も低いのです。

もちろん僕もリサーチ数が少ない時ほど、それに比例して仕入れ数が少なくなります。

なぜなら、見込みのある商品に出会う回数も減っている為です。

逆にノウハウや知識が無くてもたくさんリサーチさえ出来れば、初心者でも成功する事が可能とも言えます。

たまにYouTubeで、簡単に利益の出る商品を見つけている風景動画をアップしてる人がいます。

あれは鵜呑みにしないように。

風景動画といえども事前に、たくさんリサーチして準備していますからね。

何もありませんでした!なんて動画撮らないでしょ。

ちなみに私は、当時1日仕入れとしての時間に当てている時最低でも200商品以上、多くて300商品程リサーチしていました。

これはネット仕入れの時も同様です。

時々100点にも満たないリサーチなのに、「仕入れ出来る商品が見つかりません」という人がいます。

正直、それは当たり前です。

慣れるまでは試行錯誤、面倒に感じるかもしれません。

もちろん私も、初心者の頃はリサーチ数が少なく今思えば検索にあまり時間を割いていなかった気がします。

しかし、副業でせどりをやっていた時に「やればやるほど小遣いは増える」と自分に言い聞かせて、少しずつリサーチする事に慣れていきました。

地道な努力を積み重ねていった結果日に日に商品知識が増えて、毎月収入が右肩上がりになっていきました。

最初から上手くいく人なんて、ほぼいません

焦らず、自分を励ましながらまずは行動しましょう!

そうすれば必ずせどりで稼げるようになります。

具体策

どのように行動すればいいのか道筋は見えましたが、どのくらいの量で具体的にはどうしたらいいのかも知りたいですよね?

こちらも闇雲にやってしまうと、「こんなに言われたとおりにやっているのに、何で成果に結びつかないの?」とストレスが溜まり心が折れてしまいかねません。

まず時間を取って仕入れをする時は、最低でも100商品を目標にリサーチしてみてください。

リサーチの時間が思うように取れない時は、その時間の中で出来る目標を立ててやってみてください。

ちなみにモノレートを見る時は、「何日で利益が出せそうか」を意識して見るようにしてください。

特にせどりを始めたばかりの方は、差額ばかりを気にする人が目立ちます。

しかし、商売とは売れないことには利益にならないので、「何日で利益が出せそうか」は基本であり最重要事項なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする