【なぜ?推すの】キャッシュレスのメリットとは【理由は?】

スポンサーリンク

2019年の消費税率引き上げ前から何かと推してくるキャッシュレス。

「なんでそんなに勧めてくるの?何かメリットがあるの?」

「キャッシュレス決済って大丈夫なの?」

こういった疑問にお答えします。

・本記事の内容

・キャッシュレスのメリットとは
・キャッシュレスを推している理由

この記事を読めばキャッシュレスを推している理由、キャッシュレスにするメリット、こういった内容が理解できます。

では実際にどういった内容なのか解説したいと思います。

キャッシュレスのメリットとは

長所短所あるので一概には言えませんが。

ざっとメリットだけ申し上げますと。

・現金を持たなくていい、盗まれる心配がない
・万が一盗まれたり、落としたりしてもすぐ止められる
・お会計がスムーズ、お店の回転率が良くなる
・利用者が増えると企業が儲かる
・その儲かった企業が消費者にポイント還元してくれる
・銀行に預けてもほとんど増えないが、ポイント還元ならある程度は増える

とりあえずざっとこんな感じでしょうか?

特に最後の銀行のお話ですが、詳しく説明しますと。

銀行に預けてもだいたい0.02%の金利です

今の時代に銀行に預けても金利0.02%です。

銀行に預けても増えるお金は年間で数円程度ですし、銀行からお金を下ろそうとすると、時間外だと手数料を取られます

その手数料も年間で何回も支払っていると、気づけば数千円の赤字です。

カード決済、電子マネーならポイント還元されます

しかし、カード決済や電子マネーなどのキャッシュレス決済をすると。

現金では発生していた手数料が要らないばかりか、購入金額に応じてポイント還元が受けられます。

ですので、毎月必ず支払う光熱費や食費などの生活費を全て、カード決済などのキャッシュレスにするだけで、年間で数千円のポイントが還元されます。

長い目で見れば結構お得だと思います、塵も積もれば山となるですね。

キャッシュレスを推している理由

キャッシュレスを推している理由

・オレオレ詐欺の防止
・金回りを良くしたい
・財布の紐を緩めたい
・国民に消費行動を起こしてもらいたい

ざっくりですがこんな感じでしょうか?

年間の被害額がとんでもないオレオレ詐欺も、現金がなければある程度は軽減されます。

ポイント還元などの恩恵があれば、お買い物しようかな?と消費行動を起こしやすくなります。

まとめ:貰えるものは貰っておきましょう

お買い物をするという消費行動をするかどうかは、あなたの自由です。

ですが、毎月必ず支払わなければならない消費の部分の支払い方法を、キャッシュレスにしてポイント還元の恩恵を受けましょう。

貰えないより、貰える方がいいですよね?

もしキャッシュレスに興味がある、どうしようかなぁ?なんて迷ってる方はこちらの記事も併せてご覧ください。

2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、需要平準化対策としてキャッシュレス対応による、生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする