せどりで付属品が足りないものや状態が悪い商品の仕入れはどうする?

スポンサーリンク

3月は本業が忙しくてなかなか仕入れに行けなくてもどかしいですね・・・
とはいえ、行ける時はガッツリ仕入れてるので売上はいつも通り順調です。
さて、今日は新品せどらーさんにはあまり関係ないお話ですが、私みたいに中古メインで扱っているせどらーさん向けにお話したいと思います。
中古せどりをしているとどうしても出会ってしまう状態の悪い商品、付属品があるのかないのかわからない商品
まぁ上級者の方にとっては日々当たり前で、各々の判断で対処してると思います。
ですが初心者の方にとっては「え?壊れてる?こんなん売れるの?」って感じでもしかしたらスルーしてる方もいらっしゃるかもしれません。
ちょっと待ってください、完全にチャンスを失ってます

「状態悪い=売れない」は自分の価値観

「壊れてそう、汚い、状態が悪いから売れない」は自分の価値観です。
買うのはあなたではなく購入者です、購入者の価値観で物事を考えるようにしましょう。
実際、私も傷が多めの炊飯器、明らかに年期の入ったレンジなど何回か出品しましたが、全て売れてます。
※注
出品の際は必ず写真をアップしたほうがいいです、写真を載せてしっかりと真実を伝えることで、トラブルになりにくくなります。

付属品の確認って・・・

次は初心者の頃にやりがちな一つ、仕入れた後に付属品が足りないことに気づく・・・
私も初めの頃しょっちゅうやってました(笑)
いやぁ帰って確認したら、アダプターがないなんてこともありましたね・・・
それはさすがに見落としすぎですね・・・みなさんは大丈夫だと思います。
先ほど出た炊飯器とかレンジのような普段使う、誰でも知ってるものなら大丈夫だと思いますが、例えば私も最初分からなかったホームベーカリーなどのそこまで馴染みがないものですね。
取扱説明書が付属であれば見ればすぐわかるのですが、中古の場合取説がないのがほとんどです。
そんな場合はグーグルにその商品の型番入れれば、だいたいメーカーのホームページに行けます。
私はホームページでサクッと確認してますね。

付属品なかったら仕入れない?

では、確認して付属品がなかったら仕入れない?
結論から言うと、その付属品がなくても本来の機能に支障がなければ仕入れます。
先ほどのホームベーカリーなんかは簡単に言うと、羽根、計量カップ、ミトン、取扱説明書と付属品はこんな感じですね。
例えば、計量カップやミトン、取説がなくてもパンを作るという本来の機能に支障はないですよね?パンは作れます。
ですが羽根がないとお手上げです。
このホームベーカリーの場合は羽根があれば仕入れるよってことですね。
これはあくまで私の仕入れ基準であって、ほんと状況によって仕入れる仕入れないは変わります。
それはもう色々経験して経験値を増やしていくしかないですね。

羽根なくても仕入れます

待て待て待て、さっき羽根なかったら仕入れないって言ったよね?なんですが。
もしその目の前のホームベーカリーに、かなりの利幅があった場合は話は別です。
ようは、羽根があればいいのですよね?羽根だけ別で仕入れちゃいましょって話です。
利幅があるなら羽根分の価格を差し引いても、利益が出るなら仕入れることもあります。
もちろんその羽根を探す手間などかかりますので、状況に応じてどうするかはご自身で考えてください。
簡単ではありましたが、状態の悪い商品と付属品のお話でした。
なるべく広い視野を持ってビジネスに取り組むと、色々見えてきて稼げるようになるので意識してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする