Amazonアカウントの販売(譲渡)のやり方とは?僕が実際にやったやり方を解説

スポンサーリンク

どうもゆうです。

僕のように国内転売から国外転売に移った、本業が忙しくてAmazonせどりを辞める事にした、売上が伸びないから撤退するなど、様々な理由でAmazonから撤退という決断を選択する方もいると思います。

そうした時に、今持っているAmazonアカウントはどうすればいいのかな?という疑問が生まれます。

そのまま放置かAmazonにアカウントの停止を申請する方がほとんどだと思いますが、、、

ちょっと待って下さい、あなたのアカウントの状態によってはそこそこの価格で譲渡できる可能性があります。

僕は10万円くらいで譲渡しました。

そこで今回は、以前僕が実際にやったAmazonアカウントの譲渡方法を解説したいと思います。

アカウントって無料だよね?

そもそもAmazonのセラーアカウントって無料だよね?

無料のアカウントをお金出して買う人いるの?需要あるの?

っていうお話ですが、買う人もいらっしゃいますし、需要もあります。

無料のアカウントを買う理由とは?

無料で登録できるのに、わざわざお金出して買う理由とは一体なんでしょうか?

その理由はいくつかありますが、例を挙げると引当金を避けたり、ある程度評価がある状態でスタートしたいということが挙げられます。

引当金とは、新規でアマゾンアカウントを作成すると、引当金というものがアマゾンに取られます。(最終的にはセラーに戻ります)

要は、「あなた新人でしょ?なんの信用もないあなたにすぐお金は渡せない、一時的に預かります!」というようなことで、販売してお客様から頂いたお金は一時的にアマゾンが預かります。

販売実績を伸ばして実績を重ねていくと、保留される金額の割合が下がっていき、最終的になくなるということです。

なので、最初から実績のあるアカウントを購入することで、引当金を気にせずアマゾンで取引ができるということです。

あと、アマゾンの評価は購入者しかできません、フリマのように双方が評価するシステムではないので評価を集めるのが大変です。

評価がないから売れないわけではないですが、商品が高額になればなるほど評価がある販売者の方が有利になります。

もしあなたが高額商品を購入するときに、商品の価格が同じで評価が全くない販売者と良い評価が多い販売者のどちらを選びますか?

良い評価が多い販売者を選びますよね?それは評価がない販売者より信頼、信用があるからです。

なのである程度初めから評価のあるアカウントを購入して、取引を有利に進めます。

無料で登録できるアカウントをわざわざお金を出して買うのは、こういった理由があるからですね。

どこで販売するの?

需要があることはわかったけど、どこで販売するの?

結論から言うとサイト売買のM&Aを使ってアカウントの譲渡をします。

M&Aとは?

M&Aとはその名の通り販売・買収という意味で、サイトの売買をすることです。

ウェブサイトやウェブコンテンツを売買することでしたが、アカウントの譲渡もこのM&Aのサイトを使って売買します。

実際使用したサイト

M&Aのサイトはいくつかありますが、僕が実際に使用したサイトを紹介しておきます。

僕が実際に使用したサイトは

こちらの「UREBA」というサイトです。

色々調べたのですが正直どこがいいのかわからなくて・・・

サイト売買の掲載が主ですが、実際Amazonアカウントの譲渡案件もありますよね。

決めた理由は手数料が安かったからですw

他のサイトより販売する側の手数料が圧倒的に安かったです。

購入者側はある程度支払ってるみたいでしたが、それでも他のサイトと比べると安いと思いました。

アカウント譲渡までの流れ

では、アカウントを譲渡するまでの流れを簡単に解説します。

サイトにも掲載はされていますが、

1、M&Aのサイトにアカウント登録

2、販売したいサイト情報を登録

(今回はアカウントなのでアカウントの情報を登録)

3、購入希望者の連絡を待ちます

4、連絡が来たら交渉します、ここでサイトのデータ、スクショなどで健全なサイト、またはアカウントを確認してもらいます

(UREBAではデータを添付できるようになっていました)

5、双方納得なら成約となります、運営に成約の報告をする

6、契約書にサイン(僕はクラウドサインでした)して、譲渡作業に移ります

(ここでは運営が間に入ってくれる、エスクローサービスなので安心です)

7、Amazonアカウントの譲渡の場合、サインインするのに2段階認証の方がほとんどだと思います。

そのためリアルタイムでのパスワード入力が必要となるので、ここからはラインやチャットワークでのやり取りになります。

お互い都合の良い日時時間を決めて、スムーズに行いましょう。

8、あとは、購入者の方がアカウント情報の変更とある程度運営して問題がなければ、購入者の方が運営に報告して完了です、購入者が運営に報告をした後に売却金額が口座に振り込まれます。

以上が簡単な流れです。

まとめ

今回僕が譲渡したアカウントは2016年に開設したアカウントで10万円くらいでした。

僕が半年くらい放置している間に真贋調査が何件かきていて、それも放置していたら若干アカウントに傷がついてしまった金額です。

傷ひとつないアカウントなら、もう少し高値で販売も可能だったかもしれませんね。

ちなみに、アップル製品が出品できる古いアカウントなら高額で販売できるらしいですよ。

あと、画像のやり取りの中で本人確認で未確認の方からメッセージがきてますよね?

こういった方は無視でいいと思います、サイトやアカウントの販売となるとそこそこ高額になると思いますので、本人の確認もできないようなやつと取引したいとは思いませんよね。

そこまで難しい作業はなかったので、もし眠ってるアカウントがあったり手放す予定がある方は、アカウントの譲渡はいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする