お金が貯まる考え方と使い方とは?お金が貯まる3つの法則

スポンサーリンク

お金の使い方には大きく分けると「投資」「消費」「浪費」の3種類があります。
簡単に説明すると

投資・・・お金が増える使い方
消費・・・生きるために必要なものに支払う
浪費・・・無駄遣い

世間一般で「お金を使う」ということを「消費」という意味で使います。
生きていく上で衣食住が必要不可欠なので、消費するということ自体は正しい行動です。

しかし問題なのは、自分では消費だと思っていることのほとんどが実は浪費なのです。

浪費はお金が貯まらない、貯まりにくいとなる原因なのでなくしたいところですが、ある法則があり、なかなか無くせません。

貯まらない、貯まりにくい人はその法則に気づいているけど見て見ぬ振りをしているか、本当に気づいていないかです。
その法則に気づいて事実に直視しないと、いつまでもお金は貯まりません。

しかし、その法則に気づくだけで「浪費」もなくなっていきお金が貯まりやすくなります。

3つの法則

欲しいものではなく、必要なものを買う
固定費を削減して、習慣をコントロールする
価値のないものは買わない

この3つを意識して生活するだけでも、お金が貯まりやすくなるのではないでしょうか?

初めから全て徹底するのは厳しいと思いますので、出来ることから少しずつ行動し、お金が貯まらない貯まりにくいを解消していきましょう。

本当に「必要か否か?」

「お金=価値」このように信じてる方は考え方を変えましょう。

このように信じている方は、3つの意味をこう理解していることが多いです。

投資・・・お金を使って「値段より高い価値」を手に入れること

消費・・・お金を使って「値段と同じ価値」を手に入れること

浪費・・・お金を使って「値段未満の価値」を手に入れること

この考え方だと浪費し続ける人生を送り、投資をしてもずっと失敗し続けることでしょう。

なぜなら「お得か否か」「高いか安いか」を判断基準にしているからです。

私たちは「お得」だと思ってしまうと、それだけで欲しくなってしまいます。そして何の疑いもなく買ってしまいます。

「お得か否か」で判断するので、これからもずっと安くてお得で必要のないものを買い続けてしまいます。

「お得か否か」で判断するので、これからもずっと絶対に儲かるおいしい投資話に乗せられて失敗し続けるのです。

CMやチラシ広告などだいたいが「必要性」というよりは「欲しい」という感情に訴えかけているからです。

「お金=価値」だと信じている消費者はまんまと乗せられているということです。
私もその一人でしたが、考え方を変え意識するだけで変われますので、少しずつ意識を変えていきましょう。

「お得か否か」「欲しいか否か」ではなく「必要か否か」という判断基準で選ぶと良いでしょう。

固定費、習慣(変動費)

私の位置付けている固定費とは一定の金額が毎月天引きされる支出、贅沢の度合いによって毎月変化する支出を習慣(変動費)と言います。

固定費を減らす場合には、最初だけ出費削減の工夫が必要になりますが、いったん削減してしまえば後はほったらかしで大丈夫です。
まずは固定費を削減しましょう、やることは固定費をリストアップして削るだけです。

そうすれば、あとは毎月自動的に最低限必要な出費だけで収まるようになります。
代表的な固定費は「自動車関連費」「住宅関連費」「生命保険料」「通信費」ですので、たんねんに洗い出して見直してください。

難しいのは変動費の削減です。なぜなら、削減するには「意志の力」が必要になります。
しかし、「意志の力」の代わりに「習慣の力」を活用すると、比較的楽に削減できるようになります。

変動費の削減を習慣の領域にまで高めるのは大変なのですが、簡単な方法があります。

それは今までの悪い浪費の習慣を単純にやめるのではなく、別のいい習慣で上書きしてしまうことです。

なぜなら、単純にやめてしまうだけでは、やめた場所に空白が生まれてしまい、そこに新たな悪い習慣が入り込むか、また元の悪い習慣が出戻ってしまうからです。

例えば、毎朝飲むスタバのコーヒーをコンビニやスーパーのコーヒーで上書きし、お風呂上がりのビールを炭酸水で上書きすることでかなりの節約になります。

「幻」でラッピングされた商品を買ってはいけない

典型的な商品が宝くじです。宝くじとは夢を買うものだと思われています。

言われてみれば、なるほどそのようにも思えます。

例えば10万円分の宝くじを買った時に確実に貰える配当は、確率的に1万円なので10万円を支払って「1万円+当選する夢」を買っていることになります。つまり大半は夢の値段だということなのでしょう。

それが本物の夢であれば良いのですが、冷静によく考えてみると夢とは程遠い全くの別物だと気づきます。

それは「楽して大金を手に入れることができるかもしれないという期待感」だからです。

そういう安易で浅はかな期待感を夢とは呼びません、「幻」と呼びます。

なぜなら、その期待感は99、9%裏切られることが確定しているからです。

つまり、10万円の宝くじは「叶えられることのない期待感という幻」だけで出来上がっているほとんど価値のない商品だということがわかるでしょう。

しかも、その効能には持続性がなく抽選日の到来とともに消えます。
そうすると麻薬が切れたのと同じ状態になるので、心地よい幻覚を見るために懲りずにまた買ってしまいます。

そもそもお金の本質にさえ気づいていれば、楽して儲けられるという期待感を抱くこと自体が自己矛盾だということに気づくでしょう。
宝くじ購入代金の4割は地方自治体などに還元されて、少子高齢化対策、防災対策、教育および社会福祉に活用されているのだから、決して無駄金ではない。

このように仰る方もいます、確かに宝くじの資金の4割はそのように使われています。実はこれ、税金と同じ資金使途です。
「愚か者に課した税金」と呼ばれる所以がここにあります。

もし懐に有り余るほどのお金があって、税金をたくさん支払いたいのであれば、それも良いでしょう。
でもそうでなければ一番尽くしたい相手に、直接寄付をした方がよっぽど効果的です。

だから世界中の大富豪は、莫大な資産を宝くじにつぎ込むのではなく寄付しています。
万が一宝くじに当たったとしても、決して幸せになることはできません。なぜなら、宝くじを買うということは、正しいお金の使い方を知らないということを意味しているからです。

正しいお金の使い方を知らない人が5億円を手に入れても、その大半を浪費します。当たらなければ損するし、当たっても浪費するのですから、だったら最初から買わない方がマシです。

宝くじを買ったつもりで貯金箱に「つもり貯金」をしてみてはいかがでしょう?本気で貯めるとかなりの金額になるので、貯まった後で何に使うか改めて考えても遅くはありません。

そうすると不思議なことに、積み上げてきたそのお金で「宝くじを買おう」なんて思わなくなります。

最後に

最初から全部を意識してやるのは難しいので、できることから一つずつやっていき、お金の貯まる考え方と使い方を身につけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする