よくあるメルカリのトラブル!もし起きたらどうする?傾向と対策を解説

スポンサーリンク

多くの方が利用するメルカリですが、利用者が多い分トラブルもまた多いものです。
せっかく納得する価格まで値下げしてもらったのに横取りされたり、発送したかと思ったら配送事故にあったりというトラブルがメルカリの質問ボックスでも多々見られます。
メルカリにはルールがあるのでそれに従って対処すれば問題はないのですが、一部のマナーのない利用者もいるのでその点で対応の難しさを感じる方もいるのではないでしょうか?
今回は配送事故、横取り、価格を間違って出品してそのまま買われてしまった場合の対応方法をご紹介します。

配送事故

配送事故と一口に言っても、大きく分けて2つあります。
それは商品が届かないパターンと、無事に届いたものの開封したら壊れていたパターンです。

商品が届かない場合の対応とは?

まず商品が届かないからと言ってすぐに事務局に連絡するのは止めた方が良いでしょう。
なぜなら商品が届かない理由として、ポストに入っているのに購入者が気づかなかった、不在伝票が来ていて購入者が忘れていた、配送業者が商品を紛失したことが考えられるためです。
その為まず商品が届いていないと言われた時には、出品者は購入者へもう一度ポスト内を確認してもらうこと、不在伝票は入っていないかの確認をする必要があります。
その上でやはり「届いてない」となった時には、以下の方法をおすすめします。
まず追跡が付いている場合ですが、購入者が出品者に追跡番号を聞いて配送業者へ問い合わせします。もし「配送完了」となった際は、購入者から配送業者に調査を依頼することが一般的です。
その上で「紛失」という結果になった後に事務局に連絡する方がスムーズです。
注意点としては本当に手元に受け取るまで評価は絶対にしないことです。評価をしてしまうと事務局にいくら相談しても対応してもらえない可能性があります。
次に追跡が付いていない場合ですが、こちらは定形・定形外郵便がほとんどの場合かと思います。
つまり管轄は郵便局になるので、出品者が郵便局のHPから調査依頼を行う必要があります。
購入者は出品者にその旨を相談して行ってもらうと良いでしょう。
こちらも調査の上「紛失」となった場合は、追跡付きの時と同様に事務局に相談すればすぐに対応してくれます。
ちなみにどちらの調査も同様なのですが、結果が出るまでには数週間単位とかなり時間がかかります。
焦らず対応することが求められるのです。

商品が破損して届いた場合の対応とは?

配送する上で積み込み時、車での移動時には少なからず振動や衝撃はどうしても発生してしまいます。
その為、まずは出品者がしっかりと梱包することが大切になってきます。
それでも破損して届いてしまった際は返品処理が発生しますが、メルカリのルールに従って行うことになります。
メルカリの「返金・返品ポリシー」に詳細が載っていますが、返品できるものには「偽物が届いた場合、説明文と違う/不備のある商品が届いた場合、その他本サービスの利用規約に違反する場合」と記されています。
専用フォームで簡単に申請できますが、偽物の場合はそれが偽物であるかどうかを客観的に判断できるものが必要になります。
ここでも注意点は3点あります。
1つ目は受け取り評価は絶対にしない事です。
これをしてしまうと対応してくれない可能性があります。
2つ目はまずは双方で話し合った上で申請することです。
これに関しては連絡が取れなかったら即申請で問題ありません。
待っていても時間の無駄になってしまいますし、なによりイライラとストレスが溜まるだけです。
しかしきちんと応じてくれる出品者であればまずは双方で話し合い、結果取引キャンセルの処理を行えば問題ありません。
3つ目は取引画面で取引をキャンセルしないことです。
取引画面でキャンセルしてしまうと、保証されない場合があるので要注意です。
ホーム画面のお問い合わせから、事務局へ申請しましょう。

専用商品を別の人が購入(横取り)

値段が下がった後に横取りされると余計に悔しく怒りも頂点に…という気持ちはわかりますが、そのような時こそ冷静に判断しなければいけません。
基本として、メルカリのルールでは専用商品の取り扱いは許可しておらず、先に購入した方優先となっています。
その為横取りされたと事務局にいっても対応されないので注意です。
そうなると対策としてはいくつかあり、今回はメルカリの質問ボックスでよく見る回答を集めてみました。

即購入する

これが一番双方にとって面倒ではない方法ではありますが、潔さを感じます。
新品の商品を正規店から買うより安かったり、遠方で買いに行けないもの、レア商品で手に入りにくいもの…数百円の値段交渉をして誰かに取られるよリは即買うと考える方は意外と多いようです。

明らかに横取りされた状況なら、出品者が取引キャンセル処理をかける

購入者同士でもめる位なら、出品者がぶれずに淡々と処理をすると丸く収まったという場合もまた少なくありません。
その際、ブロックしてしまえばその取引に関しては購入もコメントも不可になります。
しかし他の出品で報復として荒らされたり、ブロックされた方の知り合い(家族?友達?)の方が代わりに購入してきて低評価を付けてきたりということも考えられるので、あまりおすすめはできません。
最終手段で考えるといいと思います。

プロフに「取引中であっても最初に購入した方に配送します」と記載する

あくまでもルール遵守の姿勢ですね。
そもそもメルカリの基本ルールがこれなので、当たり前と言えば当たり前かもしれません。
もしこのような対応をされる際は商品情報の欄にプロフを見るように誘導をかけておくと良いかもしれません。

価格を間違え出品、そのまま買われた!

人間ですから、間違えることだってあります。
このような時は、まずは出品者も購入者も双方が衝撃を感じていることを理解しましょう。
まれに「お金払ったんだから関係ないでしょ!」という方もいらっしゃるようですが、その方法はあまりおすすめはできません。
商品を送ってもらえなかったり、ブロックされる、取引をキャンセルされる、低評価を付けられるなど良いことはまずありません。
取引ですから、大人の対応を双方が行うことが大切です。
まずは出品者は間違って金額を出した旨を購入者へ伝えて謝罪しましょう。
その上で納得された場合は出品をキャンセルして再出品すれば問題ありません。
渋った時や話し合いにならない時は事務局に即相談しましょう。
すぐに対応してくれます。
メルカリの質問ボックスの中には、自分への戒めと勉強費用としてそのまま我慢して発送したという方もいます。
このように良い人もいますが、やはり取引は双方が気持ちよく行えた方が今後も何か良いものを良いお値段で譲ってもらえる可能性があります。
我慢しすぎるのもあまりおすすめはできません。

まとめ

全体を通して言えることですが、まずはルール(規約)を守ることが大切だと思います。
その上で独自ルールやマナー、気遣いがあるのではないでしょうか。
まずは双方で話あう、あるいは調査が必要な物は現在わかる範囲での経過を整理し、その上で事務局に相談するという流れとなります。
全てを事務局に相談すれば解決!というわけにはいきませんが、ユーザー同士で相談を行える「メルカリBOX」もありますし、あまり構えることなくまずは気軽に始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする