メルカリで出品してはいけないものとは?もし出品したらどうなるの?

スポンサーリンク

有名な大手サイトと言えばメルカリと答える方も多いのではないでしょうか。
身近なもので自分にとっては不要な物でも、別の誰かにとっては価値のある商品に生まれ変わるのがフリマの醍醐味です。
掃除をして出てきた家電などは捨ててしまってもいいのですが、少しでも欲しいという方に譲って感謝されたら嬉しいですよね。
しかし良かれと思って出品したものでも、一歩間違うと法律に違反していたり犯罪を助長させてしまったりするので注意が必要です。
今回はメルカリを安心安全に利用するために、出品してはいけないものと実際に出品してしまうとどのようなペナルティーが発生するのかをまとめました。

目次

出品してはいけないもの

早速メルカリの規約に沿って見てみましょう。
なお詳細はメルカリの規約を見ていただくのが一番かと思います。

偽ブランド品、正規品と確証のないもの

偽ブランド品を売るのは犯罪です。
メルカリの規約にも“ブランド品の偽物を販売、譲渡する行為は商標法、意匠法、著作権法などの法律で禁止される違法行為であり、懲役10年以下、罰金1000万円以下の刑罰が課される可能性があります。”と記載があります。
知らなかったは通用しないのが現実…。
注意して出品したいですね。

知的財産権を侵害するもの

もちろんブランド物の複製や海賊版の制作などは、偽ブランド品の販売同様の罰則を課されるのでいけません。
しかし一方で気になるのは二次創作物はどうなのかですよね。
メルカリの規約に「二次創作物の出品ガイドライン」があるので、そちらに触れなければ出品可能です。

盗難品など不正な経路で入手した商品

こちらは一見「不正な経路って何?」と思うかもしれません。
例えばですが、店頭で使う化粧品のテスターなどがこれに該当します。
窃盗というだけではなく、横領の罪も発生するので注意が必要です。

犯罪や違法行為に使用される又はその恐れのあるもの

多くの方が思い浮かべるのが武器かと思います。
この武器ですが殺傷能力のあるエアガンも含まれるので注意が必要です。
また意外かもしれませんが、配送会社や警察、その他公的機関の制服、悪用の恐れのある制服なども出品できません。
さすがに警察官が制服を出品することはないかと思いますが、不用意にバイト先に返却し忘れた制服をメルカリで売るなどしないようにしましょう。

危険物や安全性に問題があるもの

こちらですが、身近にそんな危険なものなんてないと考える方もいるかもしれません。
しかし身近なものでも結構該当するものはあります。
例えば花火など火薬を使用したものは危険物に当たるので出品できません。
そもそも宅配便でも花火や火薬を使ったものの配送は禁止されているので、売れたとしても発送できません。
夏の終わりにちょっと花火が余ったから…と出品してしまうと大変なことになるので注意が必要です。
他には使用期限がすぎた化粧品類、開封してしまった衛生用品も出品できません。
健康被害が出たら怖いので、そもそも出品するのもためらってしまいます。
またこれから発生する出品不可の物になりますが、メルカリの規約によりますと“2019年2月1日(金)以降は、PSEマークのないモバイルバッテリーは販売禁止(流通在庫を含む)となります。詳細は 経済産業省HP をご覧ください。”だそうです。
今後もこのように情報は追加されていく可能性があるので、こまめに規約はチェックした方がよさそうです。

18禁、アダルト、児童ポルノ関連

これはいうまでもなく出品できません。
もし出品してしまうと“児童ポルノ法に違反し、3年以下の懲役または罰金300万円以下の刑罰が課される可能性があります。 ”とメルカリにも表記があるので要注意です。

公序良俗、モラルに反するもの

簡単に言えば「人目に付いたときに不快に感じるもの」は出品しないでくださいということです。

下着類、スクール水着、体操着、学生服類などで使用済みのもの

こちらに関してはクリーニングに出しても出品不可です。
特にブルマやスクール水着に関しては新品でも出品不可なので注意が必要です。
ただし、専門業者でクリーニングされたブライダルインナーは出品可能と記載されています。

医薬品、医療機器

こちらは薬機法などの法令により許可なく販売することを禁止されています。
「薬なんて売ろうとも思わなかった」と思う方もいるかもしれません。
しかし実はコンタクトレンズ(カラーコンタクト含む)も販売してはいけないんです。
コンタクト系は高度管理医療機器および特定保守管理医療機器に該当します。
使わなかった分を売りたくなりますが、安易に売ると大変なことになるので注意が必要です。

許認可のない化粧品類や化粧品類の小分け

もしかしたらこれはメルカリ内で多く見かけるかもしれませんが、実はやってはいけない行為です。
他にも手作りの化粧品、石鹸、シャンプー、コンディショナー、乳液なども薬機法における許認可が必要なため安易に販売はできません。
違法となるので気を付けたいですね。

法令に抵触するサプリメント類

こちらも薬機法などの法令に違反する、または安全性を担保できないものにあたるため、出品は不可です。
例えば、根拠もないのに「これを飲めばがんが治った実績があります」というようなうたい文句のサプリメントも販売は禁止です。

保健所許可や営業許可のない食品、開封済み又は到着後1週間以内に消費(賞味)期限が切れる食品

こちらですが、メルカリの規約によりますと“安全面、衛生面を考慮し、以下の商品は出品を禁止します。また、保健所の許可を得ている場合でも、生の食肉や魚介類の出品は同様の理由で禁止します。”だそうです。
また期限が1週間以内に切れるものも禁止なので、「保存料無しのおいしいスイーツを手作りしたからとりあえず売っちゃえ」というようなことは残念ながらできません。

たばこ

こちらは簡単に言いますと、法律と税金の関係で出品が禁止されています。

農薬

こちらはメルカリの規約にも載っているのですが、“都道府県知事への届出のない者による農薬の販売や登録されていない者による農薬の小分け販売は農薬取締法で禁止”なので、安易に販売してはいけません。

現金、金券類、カード類

こちらですが、メルカリボックス内に60年以上前の通貨を出品したら削除依頼が来て24時間の利用制限を受けた方がいました。
理由はまだ現行流通している為とのことでした。
正直素人では現行流通されている通貨が何なのかはわかりかねるので、安易に販売しない方が無難です。
また現金の他に、電子マネー、ギフトカード、図書カードや商品券など現金同様の価値が発生した時点で出品不可なので要注意です。

チケット類

こちらは転売目的で手に入れたチケットも出品禁止です。
転売目的かどうかなんてわかるわけがないと思う方もいるかもしれません。
しかし、出品履歴で明らかにチケットばかり出品していればこれに該当する可能性があります。
また使用者の名前が記載されたチケットや手もとにないにも関わらず販売するような行為も禁止なので要注意です。

領収書や公的証明書類

こちらは脱税防止のためです。第三者の領収書を集めて節税目的で使われた場合、使った本人だけではなく提供した方も犯罪の手助けをしたことになり大変なことになります。

ゲームアカウントやゲーム内の通貨、アイテムなどの電子データ

手塩にかけたアカウントをせっかくだからと売りたくなる気持ちはわかりますが、出品不可です。

物品ではないもの(情報、サービスの提供など)

これはどういうことかというと「必ずもうかるノウハウ教えます」というような類の情報や、「終わらない夏休みの宿題を~円で代行します」というようなスキルの販売をメルカリでは禁止しています。
また宣伝も販売行為ではないので禁止です。
そしてよくありがちなのは、卒業アルバムの販売も禁止です。
これは個人情報の販売に該当します。
当然職場で手に入れた何かのリストなども絶対に販売してはいけません。

手元にないもの

よくありがちなのが、商品が1つしかないのにAmazonにもメルカリにも出品した結果、Amazonで買い手がついた場合が該当すると考えられます。
あとは無在庫転売ですね。

福袋(内包される商品の名称や写真がないもの)

こちらですが過去に福袋を販売した際、目玉商品をアピールして購買意欲をさんざん煽ったにも関わらず実際は入っていなかったという事件がありました。
「そもそも何が入っているのかわからないのが福袋」という理由で結局事態は収束したようですが、現在では不明確な福袋は規約により禁止されています。
ただし中身が明確であれば出品できるようです。

所有者の変更登録が直ちにできない又はその恐れのある自動車やオートバイ

こちらは法人名義のものやまだローンの残っているものは販売できないので注意が必要です。

試作品(商品サンプル)の掲載がないオーダーメイド品

これはどういうことかというと、ハンドメイドのオーダーなどがこれに該当します。
受注後作成ができないので、もしそのような販売スタイルを取りたいときはハンドメイド専門サイトかネットショップを開設してやることをおすすめします。

象牙及び希少野生動植物種の個体などのうち、種の保存法により必要とされている登録がないもの

ワシントン条約に反するものも当然販売できません。

アクティベーションロックやネットワーク利用制限のかかった携帯端末、残債がある携帯端末、契約中の携帯端末

基本的にローンが発生するものは完済してからではないと出品できないということですね。

その他法令に違反している、又はその可能性があるとメルカリ事務局が判断した商品

これは極端な話になりますが、危険ドラッグや人体の一部、生き物など違法なだけではなく道徳的にも良くない物は出品禁止ということです。

メルカリ事務局で不適切と判断されるもの

最後にこちらですが、明らかにいたずらとわかるような出品やトラブルの原因となるものなども含まります。

もし出品してしまったら、どうなるの?

このように細かい規約ではありますが、もし出品して事務局に見つかったらどうなるのかというと、まずは削除依頼が届きます。
あるいは商品によってはすぐに削除されます。

1回目は大体こんな感じで削除されます。
何回もやっていると・・・

こうなります・・・わからないと思ったら出品する前に確認したほうがいいですね。
ちなみに2回目でこれでした。
それでも繰り返すとアカウントの停止か、最悪の場合はアカウント削除の可能性があります。

まとめ

このように規約自体は細かくてすべてを自分で判断するのは難しい場合もあるかもしれません。
しかし安易に出品してしまうと罰則や罰金を課されてしまう可能性や、犯罪に巻き込まれてしまうことも考えられます。
どうしても判断がつかない場合は、メルカリボックスで質問してみるか事務局に問い合わせしてみてもいいと思います。
自分も相手も気持ちよく取引するために参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする