メルカリでお得にお買い物・初心者でもわかるメルカリでの購入方法を解説

スポンサーリンク

日本で最も利用されているフリマアプリを聞かれたら、メルカリと答える方が多いほど人気のメルカリ。

毎日たくさんの商品が売られていて、しかもリーズナブルとなると買いたくなりますよね?

でも実際買うとなるとどのような手順で行えばいいのか、決済のタイミングはいつなのか、そもそも良い出品者に出会って最後までスムーズな取引がしたいけどどこを見たらいいのかなど不安もたくさんあるかと思います。

今回はそのような不安を解消するために商品の探し方、購入の仕方、支払いの方法、取引メッセージの内容をまとめました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

買いたい商品を探す

メルカリの中をウィンドウショッピングのように見るのも楽しいですが、やはりお目当てのものがあるのなら簡単に探し出せた方がいいですよね。

たくさんある商品の中から探し出すには、メルカリの画面内にある虫眼鏡のマークをタップすると検索できます。

商品名から検索できるのはもちろんの事、カテゴリやブランド名でも検索できるので大変便利です。

また自分がいつも買っているカテゴリの商品や閲覧している商品が多くなってくると、トップページに自分の履歴に近いカテゴリの商品が表示されるのでそれを参考にしても良いと思います。

そして目当ての商品や気になる商品に出会えたら、早速その画面をタップしてみましょう。

すると商品情報が載ったページが表示されます。

商品を購入する

商品情報を確認した上で買うことに決めたのであれば、購入の手続きを行わなければいけません。

ではすぐに購入ボタンを押していいのかというと正直私はあまりおすすめはできません。

最低限でも確認したほうが良いこともあるので以下を参考にしてみて下さい。

商品の状態を確認する

商品自体は目当てのもので間違いないかもしれませんが、新品なのか中古なのか、あるいは傷やしみがあるのか、付属品がきちんとついているのかどうかなどチェックしたほうが良いです。

特に有名ブランドの商品であればあるほど、他の出品者も出品していて状態の良いものも多いです。

特に確認もせずいざ手もとに届いたら「あれ?こんなに状態が悪かったっけ?付属品もついてないけど…。」ということにならないように、まずは商品情報をしっかりと読みましょう。

その上で質問がある場合は出品者にメッセージを送っても良いと思います。

価格を見て必要があれば交渉する

他にも出品者がいるので、もっと安く手に入るのであればそこで買えばいいと思うかもしれません。

しかし「出品者の評価や商品の状態等から、どうしてもその人から買いたいけど値段を少しだけでも下げてくれると助かる…」という時は勇気を出して値段交渉をしましょう。

ただし何の挨拶もなしに「買うから安くして!」ではトラブルの元です。

場合によってはブロックされたり、通報されたりしかねません。

個人間の取引になりますので、なおさら丁寧にやり取りする必要があります。

例えば「はじめまして。こちらの商品の購入を検討しております。価格についてご相談させていただきたいのですが可能でしょうか?」などあくまでも謙虚にやり取りすると不要なトラブルを起こす心配もないのでおすすめです。

最重要!出品者の評価を確認する

出品者の評価は商品の状態や価格交渉以前に最も基本的な事であり最重要事項ともいえます。

例えば出品者の評価が明らかに低評価で、コメントを見ると「商品が届かなかった」「梱包が雑で手もとに届いていた時には壊れていた」というような記載がある方から買えば当然トラブルに巻き込まれる可能性も高くなります。

もしそれに気づかずその方から購入した結果商品が届かない、書いてある状態と明らかに違うものが届いた、そもそも価格交渉ができそうな感じの方ではなくそのままの金額で買わざるを得なかったとなれば最悪です。

メルカリには購入者も大勢いますが、同時に出品者も大勢います。

無理にトラブルメーカーのような方から買う必要はありません。

きちんと交渉のできる評価の良い方から買うことをおすすめします。

購入した代金を支払う

商品の状態も最高で、価格交渉もばっちり、素敵な出品者にも出会えたらもう心配はありません。

購入ボタンを押して、支払い画面に進みましょう。

購入の基本

支払方法を決めて、金額も間違えてないか確認し、配送先も合っているのか再度確認しましょう。

ちなみに支払方法は、手間もなく分割回数にもよりますが基本的には手数料もかからない為クレジット払いがおすすめです。

他の支払い方法でも悪くはないのですが、支払いのために外出しなければいけない手間が発生したり、手数料が100円別途でかかるので注意が必要です。

メルカリ独自のポイントを使う

メルカリではメルカリ内の買い物でのみ使えるポイントが存在します。

ポイントを使うとその分だけ割り引かれるので大変お得です。

初めて利用する方でも招待で登録した際は、招待コードを使ってポイントを手に入れた方もいるのではないでしょうか。

またメルカリユーザーの中にはキャンペーン等を利用してポイントをためていた方も少なくないと思います。

ポイントには期限があるので、もし持っているのであればどんどん使ってしまいましょう。

なお、同じ画面のポイント使用の部分で使えるように手続きはできます。

売上金から支払うこともできる

買う専門の方には何のことやら…という話になるのですが、出品者もやはり買い物したいわけです。

売るだけじゃなくて自分だって良い商品は欲しい!

ということで、そのような場合にもし売上金から支払いをしたい際はそれも可能です。

同じ画面に売上金から支払う項目があるので、そちらをタップして手続きすれば問題ありません。

取引メッセージを送る

「取引メッセージって何を書けばいいのかわからず、とりあえずお金払ったし大丈夫でしょ!」と思った方は要注意です。

確かにお金は払ってるので買い物やシステム上では何も問題はありません。

しかしメルカリは個人間のやり取りでお金と物が行き来する場所です。

まずは購入ボタンを押す前に簡単な挨拶を入れて置けば、お互い気持ちよく買い物ができるのでぜひ実践しましょう。

例えば「はじめまして。こちらの商品購入よろしいでしょうか?」など難しいことはなく、簡単にでも挨拶すれば印象は変わるのでおすすめです。

またメルカリの出品者の特徴として全員に当てはまるわけではありませんが、無言で買い物をされると嫌がる方が多いです。

人によっては「即購入不可」「プロフ必読」というように独自ルールを設けている方もいます。

きっと過去に変な購入者に当たってトラブルを乗り越えてきた結果だと思いますが、もしそのような記載の方から購入される時はその指示に従った方が無難です。

購入した後のメッセージですが、「購入させていただきました、短い間ですがよろしくお願いいたします。」

こういった簡単な感じで問題ありません。

この取引メッセージは商品が届いてからも送ることをおすすめします。

お礼を伝えるだけならメッセージボックスでもいいのですが、それ以外に商品が届いた際には必ず受取評価をしなければなりません。

この評価をしないと出品者に入金されないので要注意です。

その受取評価の中でもメッセージを入力できる欄があるので、そちらを利用しても良いです。

ちなみに受取評価の内容ですが「商品の中身を確認しました」にチェックを入れる(必須)、良い・普通・悪いから選ぶ(必須)、メッセージ(任意)となっています。

特に何事もなく無事に取引が終了した際は、「普通」ではなく「良い」にするのがメルカリの暗黙のルールです。

悪気がなかったとしても「普通」で評価すると、クレームやブロックなどのトラブルに発展する可能性があります。

その上でメッセージですが無事商品が届いたこと、最後までやり取りできた上で商品を譲っていただいたので感謝していること、また機会があればお願いしたいことなどを書けば問題ありません。

あくまでも難しく書く必要はなく、簡単に最低限のことを書けば十分です。

上記に書いたことはあくまでも商品が無事に届いた場合です。

逆に受け取って商品を見たら壊れていた、セット商品の一部が入っていなかった、状態が商品情報に書いてあるものと違った、そもそも買ったものとは違うものが届いたなど何か納得のできないことがあればメッセージでその旨を出品者に伝えて対応してもらいましょう。

まとめ

メルカリの購入方法についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

購入の手続きの方法も簡単ですし、メッセージも最低限のやり取りで十分となると何も難しいことはありません。

メルカリボックスなどを見ると、トラブルに関する質問も多く検索されるので不安になる方も多いとは思います。

しかし変な出品者はごく一部で、多くの出品者はスムーズなやり取りを望む方ばかりです。

買い物は気楽に楽しくするものだと思うので、この記事を参考にメルカリでの買い物を楽しんでみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする