快眠ドームかぶって寝る枕イグルーの3つのポイントとその効果とは?

スポンサーリンク

反響率No. 1!あの快眠ドームかぶって寝る枕イグルーが再販されています。

いい目覚めは、いい眠りから。これぞ睡眠革命!でおなじみの睡眠専門医、坪田聡先生監修のかぶって寝る快眠ドームです。

このような経験はありますか?

・外がうるさくて寝付けない・・・
・心地よく眠れない・・・
・布団に入るが睡眠に集中できない・・・
・短時間でも快適に寝たい・・・

この快眠ドームイグルーをかぶって寝ることにより、光や音を遮断し、ベストな快眠環境を得ることができます。

では、この快眠ドームイグルーの3つのポイントと、その効果をご紹介したいと思います。

かぶって寝る快眠ドーム+【IGLOOイグルー】

POINT1

遮光・吸音素材の特殊構造

遮光素材でアルミシートを使用することで、本体外壁部は遮光率99.9%(※本体外壁部を測定)と驚異的な数字で光を軽減します。

また、素材に工業製品に使用される吸音スポンジを採用することで、通常のウレタンと比べて素材の吸音率が約26%アップしているようですね。

POINT2

程よい閉塞感と安心感

快眠の効果を上げるのに閉塞感?と思われますが、この快眠ドームイグルーは奥行きがあるので、実際に寝てみると見た目ほど窮屈感はないのです。

同じような状況だと映画館や図書館で感じる静かな感じと、安心感を生み出すのに最適な環境といったところでしょうか。

また、肩あたりまですっぽり覆われるので、冬の寒い季節に頭が冷えて寝付けないという時にも役に立ちます。

良質な睡眠のために、程よい閉塞感で安心感のある空間を作り出しています。

POINT3

自分のお気に入りの枕が使える

枕が変わると寝付けない!という方もいると思います。

大丈夫です、このイグルーはお手持ちの枕を快眠ドームへ入れて、寝るだけという簡単な使い方ができるので安心です。
※イグルーに枕の付属はございません。
※利用できる枕のサイズは、幅58cm×奥行44cm以内です。

快眠ドームかぶって寝る枕イグルーの使い方は簡単ですね!

※折りたたむことができるので、使用しない時はコンパクトに収納もできます。

かぶって寝る快眠ドーム+【IGLOOイグルー】

実際の効果とは?

専門医が教える眠りの3大ポイント

快眠ドームイグルーはただかぶって寝るだけで良質な眠りをサポートし、適度なプライベート空間を作ってくれます。

ドームの中は適度な閉塞感で落ち着いて寝ることができ、遮光の素材を使用しているので、周りの光を適度にシャットアウトしてくれます。

使い方も簡単で、持ってる枕を入れるだけ。
これだけであなたの快眠、安眠をサポートしてくれます。

顔の周りを覆うことで適度な閉塞感が生まれて、落ち着いた眠りを得ることができます。
快適な睡眠を得るためには

1、強い光を浴びない
2、静かな場所で眠る
3、適度な閉塞感を出す

この3つのポイントが快適に眠るために必要なことです。
そして、睡眠の名医と共同開発された、快眠ドームかぶって眠る枕イグルーを使用することで、快適な睡眠を得るために必要な環境を手軽に作り出すことができます。

かぶって寝る快眠ドーム+【IGLOOイグルー】

実際に使用した人の声

実際に使用したモニターさんも効果を実感しているようですね。

加藤さん
「短時間でも快適な睡眠を得ることができ、とてもすっきりしました。」
「子供がトイレに起きた時や、外の騒音で夜中に何度も起きていたのが、このイグルーを使用することでそのことにも気づかず朝まで寝ることができました。」

という、嬉しい声や

他実際に使用した方にも好評をいただいているようです。

A.Nさん
「まさに快眠革命、眠りに集中できて朝まで快適!しっかり熟睡できるので目覚めもすっきり。適度な閉塞感で落ち着く、睡眠は量より質!」

うささん
「乾燥する室内ですが、ドームの中はほどよく湿度もあり心地よいです。一度使用すると手放せません!」

ジェイさん
「毎晩愛用していますが、お昼寝にはもっと威力を発揮します!短時間のうたた寝でリフレッシュできます!」

このような絶賛のコメントもあるようで、使ってみる価値はありそうですね。

まとめ

以上、快眠ドームかぶって寝る枕イグルーのご紹介でした。

この快眠ドームを使用することで、短時間でも気持ちがよく良質な眠りを得ることができますね。

良質な眠りが手に入る3つの要素

1、強い光を浴びない
2、静かな場所で眠る
3、適度な閉塞感を出す

を簡単に作り出すことができるので、睡眠でお悩みの方は一度試してみる価値はありそうです。
もっと詳しく知りたい方は公式ページよりご確認ください↓↓↓
かぶって寝る快眠ドーム+【IGLOOイグルー】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする