土葬の墓じまいの手順とは?かかる費用や必要な手続きを解説!

スポンサーリンク

タイトルを見て「今どき土葬って!?」と思った方は多いと思います。。
たしかに今はほぼ火葬して埋葬しているので、あまりピンとこないですよね。

しかし先祖代々、歴史の長い墓となれば土葬されているご先祖様がいても不思議ではありません。

墓を守る人の引っ越しや管理する人がいないから永代供養をしてもらいたいなど、様々な都合の時に火葬であればある程度イメージはつきますが、土葬となると躊躇する人がほとんどではないでしょうか。

しかし土葬はよくわからないからと放置したり、勝手に墓を改葬することもできないのが現実です。
対応しなければならない時に困ってしまって不安になるくらいなら、ある程度の知識を入れて置けば安心ですよね。

今回は土葬に関する墓じまいの流れ、費用、手続きをご紹介します。

土葬の墓じまいの流れとは?

基本的には土葬も墓から取り出した後の流れは火葬された遺骨と一緒です。

・他の霊園へ移動
・永代供養のため寺へ
・自然界へ散骨
・自宅保管

これらの方法が一般的ですが、自宅保管は実はあまりおすすめはできません。
というのも土葬は火葬と違って、長い間地中にあったこともあり衛生面に良いとは言い切れません。
よって自宅保管以外の方法をとったほうが良いと思います。

唯一土葬で発生してくる工程として、火葬するかどうかの問題があります。
骨の柔らかさの面で言えば、棺の中に50年以上も保管されていたのでだいぶ柔らかく細かくなっています。
その為火葬無しで納骨しようと思えばできなくもないです。

しかし自治体によっては必ず火葬した後に納骨してほしいと義務化しているところもあるので、一度確認してみることをおすすめします。

また火葬する際も、遺骨に土が付着していた場合はお断りされる場合があります。
手間や衛生面的にも自分で払えるくらい簡単な作業ではなく、湿気を多く含み払っている際に遺骨へダメージが起こる場合があるので必ず専門の業者にお願いした方が良いです。

土を落とすだけではなく、遺骨をきれいに洗浄してもらえるので安心です。

その上で流れをまとめると以下の通りです。

お寺や霊園管理元に墓じまいの意思を伝える。

墓石の処分業者を探して手配する。

閉眼供養と遺骨取り出しなど流れのスケジュールを調整する。

改葬許可証や改葬申請書など墓じまいに必要な書類を準備する。

閉眼供養し遺骨を取り出す。

用意した墓じまいに必要な書類への記入、捺印、提出をする。

遺骨の土を払う業者に処理してもらう。

火葬

ここまですれば、後は改葬可能です。

どれくらいの費用がかかるの?

方法がわかれば、実際の費用が気になるところですよね。
新たに墓をたててそこに骨を移す場合として、項目ごとに相場の費用をご紹介します。

<書類一式>
郵送や代行等しなければ基本的には無料です。一部自治体によっては数百円かかる場合があります。

<墓石の解体や処分費用>
1平方メートルの場合は10万円程度なので、今回はこの金額で考えます。
こちらには離檀料込みとします。

<閉眼供養のお布施>
今回は2万円程度で考えます。

<新たな墓をたてる費用>
・土地使用料→100万円~が相場とされていますが、墓の建設費込みのところもあるようです。
・年間使用料→いわゆる賃貸物件の管理費と一緒です。水汲み場やトイレの維持管理に使われるお金で年間3000円程かかります。
・新たな墓石本体の価格→洋式、和式にもよりますが50万円~と考えた方が良いです。洋式の方が価格が安価な傾向にあります。

<火葬費用>一般に3000円程度と言われています。

よってこれらを合計すると、1626000円となります。

しかもこれは最安値に近い金額なので、「新しい墓を豪華にしたい」「離檀料や墓地使用料が意外とかかった」となればこれ以上の価格になります。
すぐには用意するのが大変な金額なので、ある日突然慌てないようにしたいですね。

やるべき必要な手続きは?

必要な手続きとしては以下の通りです。

改葬許可申請書取得

こちらは火葬で使うものと同じものになります。
全体的に火葬と変わらない書類になるので慌てず対応しましょう。

こちらは遺骨が埋葬されている自治体でもらうことができます。
故人の本籍、住所、死亡年月日、埋葬場所等必要事項を明記するだけです。

ここで問題になるのが、故人の本籍や住所、死亡年月日がわからないときはどうするかですよね。
その場合は戸籍をとって確認するのが一般的です。
それでも古すぎてわからないとなった場合は不明でも問題ありません。

もう1つ注意すべき点は、墓地の使用者と改葬申請者が異なる場合です。
その場合は墓地の使用者の承諾書が必要になる場合があるので、あらかじめ自治体に確認するとスムーズです。

埋葬証明書取得

これは遺骨が埋葬されている寺院や霊園の管理者からもらうことができます。
上記同様必要事項を記載すれば問題ありません。

しかし一般的には改葬許可申請書に署名してもらう事が多いようです。

改葬許可証交付

必要書類がすべてそろったら、再び自治体へ行って提出します。
記載内容に問題が無ければ改葬許可証を交付されます。
ここで記載漏れや間違い等があればまた手間が増えるので、確認しながら行うと良いと思います。

もし火葬をする際はこのタイミングで火葬許可証を申請すれば問題ありません。
以上ですが、順番としては上から順に行うと手間や時間の無駄が少ないかと思います。

まとめ

普段あまり意識しない墓じまいという内容でしたが、いかがでしたでしょうか。
また土葬となるとどこから手をつけたらいいのかわからないという人も多いと思います。

こちらでは簡単にまとめましたが、詳細は自治体や住職に確認しながらやると無駄な労力や時間を使わずに済むかと思います。
また永代供養や散骨、自宅保管となると価格も大きく変わってきます。
墓石を建てる際も墓石解体業者や墓石建設業者を選べるのであれば、各社の見積もりを取って選ぶと良いと思います。

突然人が亡くなった場合はばたばたと時間に追われて書類を準備したり、葬儀の手配をしたりで忙しいかと思います。
しかし墓じまいとなるとそれよりは比較的時間に追われないと思うので、ゆっくりと検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする