墓じまいや永代供養とは?かかる費用・相場や手続き・ 流れを解説!

スポンサーリンク

人が亡くなれば墓に入り、その墓を子や孫が代々守っていくのが日本で一般的とされている供養の形です。
しかし最近は、そもそも墓を受け継ぐ人がいなかったり墓参りをする世代の高齢化で墓参りが難しくなったなどで守る人がいなくなり、手入れがほとんどされていない墓も目立つようになりました。

そこで考えたいのが墓じまいです。

とは言え墓を無くせばいいというものでもなく、中に入っているご先祖の管理は住職が行っていかなければなりません。
勝手に土地に埋めるようなことは当然できません。

「まだ若いから気にしなくても大丈夫」と思っていても、ある日突然何がきっかけでこのような事を経験するかわかりません。
今回は墓じまいと永代供養、その費用と手続きについてご紹介します。

墓じまいや永代供養とは?

そもそも墓じまいとや永代供養とはどういうものなのかを説明できる人はほぼいないかと思います。

墓じまいとは?

まず墓じまいとは、ご先祖様の遺骨を取り出して墓を無くしてしまうことを言います。
当然勝手に法的な手続きもなく遺骨を取り出せば、遺骨泥棒や殺人の疑いをかけられてしまいます。

その為墓じまいをする時には、その後どのように遺骨を扱うのかを決定しないまま行うとご先祖様の遺骨が行き場を無くしてしまうため、必ず取り出した後どうするのかを決めてから行いましょう。

考えられるケースとしては、娘あるいは息子夫婦の現在の住まいの近くの墓地で管理したいから遺骨を移動する場合か、住職に永代供養をしてもらうかが多いです。

永代供養とは?

さて次に永代供養ですが、墓を持たずに住職に管理をお願いする方法です。

このように書くと手間がかからずに良さそうと思う人もいるかもしれませんが、供養の形としては「不特定多数の人と一緒に供養される」ので個人の名前を残したい人にはおすすめできません。

つまりもう墓を管理する人がいなくなった人や身元が分からない人がこの方法を取ることが一般的です。

ただし永代供養も急に不特定多数と合祀するわけではなく、自分が生きている間は故人に会いに行きたいという場合は個別型と言って数年間は個別に永代供養してくれることもできます。

自分が亡くなったら集合型の永代供養にするという方も増えているようですので、一度寺に相談してみると良いと思います。

故人を弔うにはいくつもの方法や選択肢がある

墓じまいと永代供養という主な方法をご紹介しましたが、絶対にどちらかでなければいけないというわけでもありません。
もちろんどんな弔い方を選択するにも自分の意思だけではなく、家族や親戚などとよく話し合って決める事が大切です。

その上で最近よく耳にする方法に、樹木葬があります。
自分の骨と共に苗木を植えることで時が経てば経つほど木も成長するので、その成長と共に訪れた人は時間の経過を感じることができます。

もちろんこちらも法的な手続きを経て行われるので、勝手に遺骨をまくようなことはできません。

また海や山に撒いてほしいという方もいて、これは散骨と言われます。
全ての骨をまかなくても一部は散骨、後は永代供養という方法も取れるのでこれも家族や親せき、住職とそれぞれ相談の上で検討すると良いと思います。

いろんな形の供養ですが、最近は永代供養も遺骨を郵送してOKなところもあるようです。
感覚としては違和感を覚えますが、無縁仏になるよりは良いということなのでしょうか…。

個人的に心配なのは、それをいい商売として漬け込んでくる悪徳業者が現れないかという点です。
誰も遺骨が収まるべきところに収まったところを見ていない事になるので、山の中など人があまり来ないさびれたところに捨てられてしまうのではなかという心配はあります。

様々な形はありますが、大切なのは故人を偲ぶ気持ちなので誰もが納得するような方法を選んでみて下さい。

かかる費用や相場はいくら?

方法が決まれば後は費用ですよね。

「墓を無くすとは言え、今まで相当お寺にお金を払ってきたしもう大丈夫でしょ。」

ともし思っているのであれば、相当危険です。
墓をしまうということは離檀するということです。
つまり檀家ではなくなるということは、お寺にとってお布施や寄付が減るということを意味します。

つまり莫大な離檀料を請求される可能性があります。

この離檀料ですが、決まりは特にありません。
離檀料が多くなる原因として墓をしまう作業料がここに含まれているので、通路が狭い、駐車場が遠い、納骨室の状態などが考えられます。

運搬車やクレーンを横付けできなければ小型の機材を持ってきて使ったり、作業がその分大変だったりするのでお金だけではなく時間もかかってしまいます。

よって墓を作るのも管理するのも墓じまいするのも全てまとまったお金がかかるので、事前に金額を確認することをおすすめします。

その金額の相場ですが、1平方メートルあたり10万円程度と言われています。
30平方メートルだとその3倍と考えがちですが、作業量も入るので面積が広いからといって単純に計算できるものではないようです。
相場だけ見てもすぐにポンと出せる価格ではないので、墓じまいのタイミングは慎重に考えたいですね。

手続きや流れはどんな感じ?

最後に墓じまいの手続きですが、流れとしては以下の通りです。

お寺や霊園管理元に墓じまいの意思を伝える。

墓石の処分業者を探して手配する。

閉眼供養と遺骨取り出しなど流れのスケジュールを調整する。

改葬許可証や改葬申請書など墓じまいに必要な書類を準備する。

閉眼供養し遺骨を取り出す。

用意した墓じまいに必要な書類への記入、捺印、提出をする。

これをしないと、その後永代供養や散骨などもできないのでポイントです。
とはいえ、業者の手配まで自分でやらないといけないのか…、なんだか書類って面倒そう…など色々と不安はあるかと思います。

その時はお寺や墓石処分業者に聞けば、教えてくれる場合もあります。
また墓石処分業者ですが、墓石を立ててもらった業者が処分も行っている場合が多いので参考にしてみて下さい。

まとめ

なかなかなじみのない話ではありましたが、いつかは考えなければいけない話かと思います。

何も知らないまま、ある時急に問題として降りかかってくるのは一番避けたいことです。
お金の問題もあるので、世代関係なく意識しておけば困らないかと思います。

1人でやろうと思うと大変なので、家族や親せきと相談しながら満足のいく方法を選択してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする