フランチャイズチェーンとは?フランチャイズを簡単にわかりやすく解説!

スポンサーリンク

フランチャイズと聞くと、コンビニを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

なんとなくの世間のイメージですが…

・オーナーになると、深夜など求人が集まらない時間帯のシフトを回さないといけなくて大変そう。
・儲かるって聞いたけど、実際はそうでもないの?
・そもそもメリットとデメリットがはっきりしなくて、よくわからないから不安しかない…。

などが挙げられます。

今回はそんな具体的なイメージがわかないフランチャイズの種類、仕組み、オープンまでの流れをまとめました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

無料資料請求はこちら↓↓↓

フランチャイズとは?

まずはフランチャイズとはどのように定義されているのかというと以下の通りです。

『日本フランチャイズチェーン協会は、フランチャイズビジネスを以下のように定義しています。

”フランチャイズとは、事業者(「フランチャイザー」と呼ぶ)が、他の事業者(「フランチャイジー」と呼ぶ)との間に契約を結び、自己の商標、サービス・マーク、トレード・ネームその他の営業の象徴となる標識、および経営のノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方、フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導および援助のもとに事業を行う両者の継続的関係をいう』

こちらは日本フランチャイズチェーン協会によるものなのですが、正直何を言いたいのか言葉が難しすぎてよくわからないという方も多いと思います。

簡潔にコンビニを例に説明すると、まず「フランチャイザー」とはコンビニの本部のように大元になっている事業主を指します。

そして「フランチャイジー」ですが、「フランチャイズを始めたいです!」と相談してきた事業主の事を指します。

この間に契約を結び、実際に経営していくのが「フランチャイズ」というわけです。

もちろん双方にとってメリットが無ければ契約とはならないので、そのあたりの仕組みは後で詳しく説明します。

どういった種類があるの?

フランチャイズの仕組みはイメージできたものの、実際どのような事業がフランチャイズされているのでしょうか。

例えば小売店・コンビニ、飲食店・テイクアウト、塾・スクール、修理・クリーニング、整体・医療、理美容・エステ、介護・デイサービス、IT・携帯電話、貴金属・ブランド買取が挙げられます。

コンビニのイメージが強かったのですが、意外といろんな業界でフランチャイズは行われています。

自分の興味のある業界や得意な業界があれば、そこでフランチャイズすることをおすすめします。

こちらの記事もあわせてご覧ください↓↓↓

何かお店をやってみたいけど、販売なんて未経験。 ノウハウどころかマニュアルもよくわからない。 そんな方でも大丈夫なのが、フラ...

フランチャイズの仕組みとは?

さて実際フランチャイズの仕組みを説明していきますが、その前に何か事業を始めるにあたってどのくらい大変なのかイメージはつきますでしょうか。

単に商品をそろえて、建物をリフォームして、従業員を集めて…というだけではないんです。

事業を始める上でのポイント

そもそも人通りの無い場所で商売をしても、お店があることにすら気づいてもらえないかもしれません。

またせっかく客数が確保できているのに、テナント料が高いなどコストが多くかかっていればいくら働いても利益は増えません。

簡単に事業を始めるにあたってのポイントですが、以下の視点は最低限必要になります。

・場所(観光地の近く?駅の近く?学校の前?など)
・規模(大型店?小型店?)
・仕入れ先(製造元から直接?卸問屋挟む?)
・宣伝(媒体はどうする?)
・事業計画(年間・月間・日別売上など)

今さらりと書きましたが、これらを判断するには年単位での蓄積されたデータや経験が必要です。

始めてお店を開くという方にとって、データも経験もない中でこれらを判断して店を軌道に乗せるのは正直至難の業と言えるかと思います。

そこでこれらの経験不足やデータ不足、不安を解消してくれるのがフランチャイズなんです。

フランチャイズの仕組みのポイント

上記にもある通りフランチャイズはフランチャイザーとフランチャイジー間の契約なので、お互いが得するシステムでなければいけません。

一般的にフランチャイザーは契約を結ぶと、フランチャイジーに長年蓄積してきたシステム、経営のノウハウ、看板などが公開されます。

また研修やマニュアルを通して、フランチャイジーがスムーズに開業できるようにフランチャイザーは様々な面で手伝ってくれます。

これが一人で何もわからない中で、データもなく手探りで経営していくとなると相当大変なことが想像できますよね。

フランチャイジーが得られるメリットは開業後もあります。
フランチャイザーが取り扱っている商品を全てフランチャイジーもまた取り扱える点です。

ただし商品やノウハウ、システムを貰える代わりに、フランチャイジーは加盟金とロイヤリティを対価として支払います。

このロイヤリティのおかげで稼げないという意見も時々目にしますが、よく考えてみて下さい。

・知名度もあり、常連客もついた状態で商売をはじめられるってラッキーですよね。
・自分が売る前からどの商品が売れ筋なのかがわかっていて、それを取り扱えるって恵まれてませんか?
・マニュアルがあるので、業務がほとんどバイトでもできるものって管理が楽ですよね?
・内装も全て決まっているので、リフォームのコストも安く済むかも。
・金融への斡旋もしてくれるのって、かなりありがたい!個人だと融資してもらえない可能性もありますよ…。

これらを個人商店であれば、全て自力で何年もかけて築き上げなければなりません。

その為時間やお金、労力もまた莫大にかかってくるのは言うまでもありません。

しかも必ずしも成功するとも限らないのです。

しかしフランチャイズなら、契約したその瞬間からお金も時間も労力も個人商店程かけることなく手に入れることができます。

また個人商店で0から始めるよりも商売の成功率は高いです。

そうなると加盟金や月々の売り上げの一部であるロイヤリティは、果たして本当に高いのかというとそこは断言できない部分かと思います。

ちなみにフランチャイザーとフランチャイジーは本店・支店の関係ではなく、あくまでも対等なビジネスパートナーなのが前提です。

フランチャイジーは商売にとって大切なシステムやノウハウ、商品を短時間で提供され、フランチャイザーは売上だけではなく店を出店する為の経費の負担を分担できるので低コストで事業規模を拡大することができます。

お互い持ちつ持たれつで、信頼関係もまた重要になってくるのがフランチャイズなのです。

店舗オープンまでの流れ

では実際にオープンまでの流れを説明していきます。

まず基本として、オープンまでの準備はフランチャイザーとフランチャイジーが一丸となって準備します。

開業後も社員研修や経営相談なども行っているフランチャイザーも多いので、長い目で見ても安心です。

その上で流れは以下の通りです。

問い合わせ→面談・部件検索・調査→売上収支シミュレーション→FC(=フランチャイズの意)契約の説明→FC契約の締結→開店準備(研修、店舗設計、施工、検査・引っ越しなど)

まとめ

フランチャイズについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

フランチャイズに限らず商売は簡単にはいきません。

だからこそお互いのメリットも多く、安心して商売をはじめられるフランチャイズは非常に魅力的です。

実際日本のフランチャイズ市場は30年間で約8倍の市場規模に成長するほど、まだまだ見込みのあるビジネス形態と言えます。

まずは資料請求から始めてみてはいかがでしょうか。

無料で資料請求できますのでお気軽にこちらから↓↓↓

フランチャイズではなく
個人で出店をお考えの方はこちらをどうぞ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする